マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

高齢両親2人暮らしの戸建て住宅「この先どうするの?」40代女性の憂鬱

2020年12月11日 7:00 マネーポストWEB

高齢の両親が住む戸建ての実家問題にどう対処するか
高齢の両親が住む戸建ての実家問題にどう対処するか

 現役世代を悩ませる「高齢の親が住む実家」問題。親世代にとって、かつてマイホームは憧れでありステータスでもあったが、子供が独立し、高齢の親だけで暮らすようになると、今度は子供世代がその扱いに頭を抱えるケースも多い。特に団塊世代と団塊ジュニアの親子間で、そうした悩みの声が聞かれるようになった。広告代理店で働く40代の女性・Aさんもその一人だ。

「実家は駅から遠い新興住宅地にある一戸建て。車がないと快適な生活は送れず、うちにも車があります。ただ両親がともに70代になった今、いつまで車を運転できるかという問題が心配。そうでなくても、戸建てだと部屋数が多いぶんモノも多く、掃除も大変。防犯面も気になります。今後のことを考えると憂鬱な気分になります」

 Aさんは3人きょうだい。1990年代、神奈川県のとある新興住宅地に家族5人で引っ越ししてきた。4LDK一戸建て、駅まではバスで20分(バス停まで徒歩10分)。山を切り開いた土地のため坂道が多く、駅までの道もアップダウンが何度もある。Aさんの母は、子供の送り迎えのために自動車免許を取得したという。

「一人ずつ子供部屋を与えたい」という親の考えから、間取りは4LDK。子供がそれぞれ独り立ちした後は、子供部屋は物置部屋および父親の書斎、シアタールーム状態と化し、今もモノが増え続けている。

 住宅ローンはすでに完済している。しかし、築年数がかさんでくると経年劣化によるメンテナンス費用も大きな負担になってくる。

「数年前にガスコンロやバスタブなどは買い替えが必要になりましたし、外壁塗装もしていました。案外維持費がかかっているようで、持ち家なら老後も安心なんて言っていられません。こうしたメンテナンスを頻繁に手伝うのも、なかなか面倒です」(Aさん、以下同)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。