マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

パチスロ6.1号機『北斗の拳 宿命』は救世主になるか?ユーザーの本音は

2021年4月5日 16:00 マネーポストWEB

人気シリーズ「北斗の拳」で初の6.1号機として登場した『北斗の拳 宿命』(サミー公式サイトより)
人気シリーズ「北斗の拳」で初の6.1号機として登場した『北斗の拳 宿命』(サミー公式サイトより)

 出玉性能が抑えられた「6号機」時代に突入し、ユーザー離れが深刻化しているパチスロ業界だが、2021年1月からは、出玉制限を緩和した「6.1号機」が全国のホールへと導入され、ユーザー再獲得に向けて、巻き返しを図っている。

「6.1号機」の大きな特徴は「ベース」が低くなったということだ。「ベース」とは、ボーナスなどに当たっていない“通常時”に“どれだけたくさん回せるか”という指標であり、1000円(メダル50枚)で回せるゲーム数の理論値で表すことが多い。「6号機」では、1000円あたり50ゲームくらいのベースだったのが、6.1号機では1000円あたり35~40ゲーム程度まで引き下げることが可能となった。ベースが低くなることのメリットについて、パチスロに詳しいライターの藤井夏樹氏が説明する。

「パチスロでは一定ゲーム数における出玉の上限と下限が決められていて、その範囲内にない機種はホールに導入することができません。つまり、ベースが高いと通常時にあまりメダルが減らないので、ボーナスやAT(アシストタイム)、ART(アシストリプレイタイム)と呼ばれる出玉が増加する状態に入った時に、そんなに爆発的な出玉にすることができないんです。

 でも、ベースを下げれば、その分ボーナスやATでの出玉性能を高めることができる。または、ボーナスの頻度も高められます。つまり、6.1号機では、通常時のメダルが減る速度(=お金を使う速度)が速くなる代わりに、6号機よりも頻繁にボーナスやATを引けるということです」

 この3月には、パチスロの大ヒットシリーズ「北斗の拳」で初の6.1号機となる、『パチスロ北斗の拳 宿命』(サミー、以下『宿命』)がホールデビューをした。

「6号機時代は、爆発的な出玉を防ぐということもあり、ボーナスやATの抽選が行われないゲームがあって、そこがユーザーのストレスになっていました。しかし、この『宿命』は通常時に“チャンス小役”と呼ばれる小役を引いた際に、ボーナス抽選が行われるシステムで、基本的にはどの状態でもボーナスの抽選が行われています。このシステムは過去の北斗の拳シリーズを踏襲するもので、そういった意味でも苦戦を強いられる6号機時代の救世主になるのではないかと期待されていました」(藤井氏)

 では、そんな『宿命』に対して、ユーザーはどんな印象を抱いているのだろうか。パチスロファンの生の声を聞いた。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。