マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

「自然との共生」夢見て山林に移住した漫画家が直面した過酷な現実

2021年4月29日 16:00

自給自足をめざして意気込んで移住したものの…(イラスト/守村大)
自給自足をめざして意気込んで移住したものの…(イラスト/守村大)

 コロナ禍も2年目に突入し、リモートワークが定着しつつある中、都会から脱出して田舎へ移住する人が増えている。自然に囲まれて健康的な生活を……と期待に胸を膨らませて移り住んだはいいが、現実はそんなに甘くない。体験者の声を聞いてみよう。

 自給自足をめざして、2007年から福島県白河市の山中に移住した漫画家の守村大さんが語る。

「机にしがみつく暮らしが30年近く続き、ネタ切れ・蓄積疲労・倦怠。さぁ、どこに逃げるか、ということで出合ったのが、福島の山林でした。1万2000坪の山林は坪450円。手つかずの森に入植して、自分の理想に応じて開墾し、自力で丸太小屋を建てるぞと意気込む私に、『バッカじゃないの』と呆れ顔の嫁。でも、まさにその反応は正しかった。ガス、電気、水道等の生活インフラなしの山林に移住という私の提案は無謀でした。

 最初は山のふもとのホームセンターで買ったカマ1本を手に踏み込んだものの、放置されていた山は荒れ放題。密生した雑木と林床には篠竹がびっしりと生い茂っていて、手で刈った切り株が竹槍状になってしまうんです。うっかり踏んだらスニーカーを突き破って大けがをしました。

 なんとか500坪ほどの土地を拓きましたが、次の難関は生活拠点の小屋を造るための作業。切り株を1つ1つ引き抜かなくてはならず、25㎝ほどの太さの切り株の周りをスコップで掘り、根をむき出しにしてナタで伐っていく……この作業を繰り返して株を掘り出すのに丸1日はかかる。これは難儀だということで、中古のユンボ(油圧ショベル)を約80万円で購入し、開墾作業を続けていったのですが、ここでものすごい罪悪感に襲われました。

 手掘りのときには気にならなかったんですが、木を殺しているという後ろめたさを感じるんです。自然と共生するどころか、破壊しているんじゃないかと。人並みに生活できる環境を整えるまでにかかった時間は約3年。でも、『逃避』がいつの間にか楽しい『挑戦』にシフトしていました。もし、山暮らしに『救済』を求めていたらくじけていましたね」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。