マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

母の遺品を整理していたら請求書の山が… 借金判明に息子が覚えた悲しみ

2021年5月6日 7:00 週刊ポスト

母の遺品整理で驚愕の事実が発覚(イメージ)
母の遺品整理で驚愕の事実が発覚(イメージ)

 家族に迷惑をかけない死に方をしたい――歳を重ねるほどに多くの人に共通する願いだろう。しかし、それを実現するのは思っている以上に困難が伴う。介護の負担や認知症による不都合、亡くなった後の相続で子世代に大きな損失や禍根を残すケースも少なくない。

 親の死後、財産を整理して子供が遺産相続の手続きをしなければならない。現在は高齢単身者世帯が増え、1990年と比較して3倍以上、約630万世帯に広がった(『日本の世帯数の将来推計2018年』)。そのため、離れて暮らす親の財産を子供が把握していないケースが多い。

 どのような“財産の残し方”が家族に迷惑をかけるのか。

「80代の母が他界し、遺品整理をしていたら請求書の山が出てきました……」。そう語るのは、都内在住の60代男性。借家でひとり暮らしだった母親には、積み重なった借金があった。

「クレジットカード会社に問い合わせると、総額100万円を超える借金があることが判明。年金暮らしの母は生活費が不足して、月に1万~2万円のキャッシングを繰り返していました。リボ払いでの買い物代も膨らみ、返せなくなっていたようです。離れて暮らす私に相談しにくかったのでしょうが、母の借金を知った時は衝撃と悲しみを覚えました」

 母親の遺産はほとんどなく、残ったのは借金ばかり。男性は相続放棄に踏み切った。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。