マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

母の遺品を整理していたら請求書の山が… 借金判明に息子が覚えた悲しみ

2021年5月6日 7:00

家のどこかで現金が眠っている可能性も

 生活費不足から小さな借金を積み重ねる高齢者は少なくない。こうしたマイナスの遺産も相続財産になるのだ。

 また、借金以外にもトラブルの種はある。元気だった80代の母親が急死した元教員の60代男性が振り返る。

「残された80代の父は家のことをすべて母に任せていて、通帳やキャッシュカード、印鑑がどこにあるかわからず、どの生命保険に入っているかも不明でした。慌てた家族全員で家中を探し、土地の権利書や保険証書は見つけましたが、現金や預金類は仏壇の中まで調べても出てこなかった。取引があったと思われる近隣の銀行や郵便局に問い合わせてようやく複数の口座が判明し、残高の処理や解約に奔走しました。

 ただし、まだ見つかっていない“へそくり口座”があるかもしれない。家のどこかで現金が眠っている可能性もあるなんて、本当にバカバカしい」

 親が亡くなったのち、資産内容の把握に四苦八苦するケースは少なくない。夢相続代表取締役で相続実務士の曽根惠子氏が指摘する。

「1000万円までしか預金が保護されないペイオフの解禁を経験した世代は、複数の金融機関に分散して預金するケースが多い。中には10行以上に預ける人もいますが、万が一の時にどの銀行に預けたかわからなくなったり、相続がスムーズにいかなくなるので、金融資産はなるべく少ない口座にまとめておくべきです。生命保険の証書などの重要書類もまとめて保管し、一式をまとめた目録を作っておけば、残された子供に迷惑がかかりません」

※週刊ポスト2021年5月7・14日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。