トレンド

19年待ちもある人気取り寄せグルメの仰天エピソード 亡き娘の注文に涙する母…

「今からなら、お子さんか孫の名前で注文して」

紀州梅専門店『五代庵』が申年に漬ける梅干し『五福』

紀州梅専門店『五代庵』が申年に漬ける梅干し『五福』

 同じく「縁起物」として珍重されるのが、紀州梅専門店『五代庵』が申年に漬ける梅干し『五福』(1粒税込3240)円だ。

「平安時代のある申年に疫病が流行し、当時の第62代村上天皇が病に倒れてしまった。その際、梅干しと昆布茶で病を克服したという言い伝えから、申梅は『無病息災』の縁起物として広く全国に伝わりました。特別なお祝い事や、敬老の日の贈答品としてご購入くださる方が多いようですが、12年ごとにご購入下さるお客様もいます」(広報担当者)

次回は「戊申年」(2028年)の販売だが、前回「丙申年」の梅干しは現在も購入が可能だという

次回は「戊申年」(2028年)の販売だが、前回「丙申年」の梅干しは現在も購入が可能だという

 次回は「戊申年」(2028年)の販売となり、購入できるのは7年先ということになる。ただし、前回「丙申年」の梅干しは現在も購入が可能だという。

「名産神戸肉 旭屋」(兵庫県)の「神戸ビーフコロッケ『極み』」

「名産神戸肉 旭屋」(兵庫県)の「神戸ビーフコロッケ『極み』」

 1999年にネット通販を開始した「名産神戸肉 旭屋」(兵庫県)の「神戸ビーフコロッケ『極み』」(5個入り税込2700円)の待ち期間は、現在19年に及ぶ。店主の新田滋氏が打ち明ける。

「14年待ちになった時点で『自分が生きているうちに注文をさばけない』と思い、3年ほど注文を休止にしたんです。でも、再開した途端にこの状況。これから注文される方は、お子さんかお孫さんの名前で頼んでもらったほうがええかも(笑い)」

現在の待ち時間は19年!客の側も注文したことを忘れているという

現在の待ち時間は19年!客の側も注文したことを忘れているという

 精肉店の強みを活かし、厳選された神戸ビーフを惜しみなく使っているため「原価が1個400円ほどかかる赤字商品」と新田さんは言う。「お客さんは『もっと人を雇ってたくさん作ればええやん』と言うが、赤字商品にそんなお金かけられまへんわ」と笑う新田さん。コロッケはあくまでも“販促ツール”のサービス品だという。待ち期間が長いことで、こんな“事件”が発生することも。

「今は約8年前の注文分を発送していますが、お客さんはほぼ100パーセント、頼んだことを忘れていますね。確認の電話を入れたら、ご家族に詐欺グループと間違えられ『警察に通報します!』と言われたこともあった(笑い)」(新田さん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。