マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

63歳女性が振り返る「昭和50年の就職体験」 住み込みの靴屋での甘くない現実

2021年5月17日 7:00

“オバ記者”が50年前の就職事情を語る(イメージ)
“オバ記者”が50年前の就職事情を語る(イメージ)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2021年3月の新卒の内定取り消しは100人にのぼり、主要企業の高卒内定者数は昨年と比べて約3割も減ったという。いま就職活動に苦労している若者は多いが、昔の就職事情はどうだったのだろうか。女性セブンの名物記者“オバ記者”こと野原広子さん(63才)が、高校卒業後、初めての就職先で体験した苦労を振り返る。

 * * *
 なんとはなしに晴天の週末、足が向くところといえば、家から徒歩40分の東京・上野公園。井沢八郎の『あゝ上野駅』がつい口をついて出てきちゃう。

 茨城県出身の私にとって、「常磐線・上野・あこがれの東京」はひとつながりなのよね。思えば、高卒で上京したのは4月初め。46年前(昭和50年)のこと。上野駅の中央改札前で、就職先の靴屋の社長がビシッとスーツを着て、旗を持って出迎えてくれたんだっけ。

 農業高校では、就職担当の先生から「卒業して事務員になんかになれると思うな。きみらの就職先は工場か店員だぞ」と言われていたから、そんなもんかなと。

 東京の靴屋の店員になろうと思ったのは、私の靴のサイズが24.5だったからだ。田舎の靴屋では、「これしかないよ」と店の奥から出されたものを買うしかなかったけど、これからは靴を選べる。18才の私はそんなことがうれしかったのよね。

 それから、待遇がとてもよかったのも覚えてる。初任給7万5000円で、店の上階が寮になっていて、寮費や健康保険など2万5000円は引かれるものの、月に4日の定休日以外は3食とも奥さまが用意してくださった。

 こうして都心ののんびりとした商店街の一画で、私の東京生活が始まったのはいいけど、現実は甘くない。否応なしに月に2万8000円の天引き預金を引かれたら、手元には2万2000円しか残らない。化粧品や下着を買って、休日4日分の食費を引いたらいくらも残らない。

 その当時、創刊されて数年のファッション雑誌『non-no』とか『anan』を開くと、モデルの足元に「活動的な女の子にピッタリ! スカート9800円、ブラウス8800円」とか書いてあるんだわ。これを買うには何か月、食費を切りつめたらいいのよ!? 店には私と同世代のお嬢さんが2人いて、当時大流行していたハマトラを着てデートに出かけて行くのを、映画のワンシーンのように見送ったっけ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。