投資

キャンドゥ他、コロナ禍に強い銘柄が続々 2021年5月の株主優待6選

ライク(2462)

 人材サービスと保育事業をてがけるライク(2462)は、人気の高い株主優待専用の共通ギフトサービス「プレミアム優待倶楽部」のポイントが贈られる。今回から優待の基準が変更され、優待を得るための最小株数が300株に変更されたが、獲得できるポイントは全体的に増え優待利回りはアップしている。グルメや電化製品、旅行など交換できる商品は幅広いうえ、複数の採用企業のポイントを合算することも可能だ。

【優待内容】プレミアム優待倶楽部の株主優待ポイント……300株以上400株未満:5000ポイント 400株以上500株未満:8000ポイント 500株以上700株未満:1万2000ポイント 700株以上1000株未満:1万5000ポイント 1000株以上2000株未満:2万5000ポイント 2000株以上3000株未満:6万ポイント 3000株以上:8万ポイント (権利確定日:5月末、年1回、500株以上の株主には1年以上継続保有で増額あり)

大光(3160)

 東海地方で業務用食品スーパー「アミカ」などを展開する大光(3160)は、送られてきたクオカードを店舗に持参すれば、倍額の商品券に引き換えられる。7万円程度の投資で年2回の優待を受けられる手掛けやすい銘柄だ。

【優待内容】クオカードまたは自社店舗商品券(商品券を選択すると倍額)……100株以上500株未満:500円相当 500株以上1000株未満:1000円相当 1000株以上2000株未満:2000円相当 2000株以上:3000円相当(11月末、5月末、年2回)

文■森田悦子(ファイナンシャルプランナー/ライター)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。