マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

今もファンの多いパチスロ5号機、完全撤去を前にホール側の葛藤も

2021年6月28日 16:00

パチスロ5号機撤去で業界はどう変わる?(イメージ)
パチスロ5号機撤去で業界はどう変わる?(イメージ)

 現在、パチンコ・パチスロ業界において、重要な問題となっているのが、“旧規則機”の撤去だ。ホールではパチンコの「CR機」とパチスロの「5号機」と呼ばれる旧規則機から、新規則機へと段階的に設置の入れ替えが行われており、2022年1月末までに、100%が新規則機となる予定だ。パチンコ・パチスロ業界に詳しいライターの藤井夏樹氏が説明する。

「パチンコ機、パチスロ機の性能に関する“内規”は、しばしば変更されており、現行だとパチンコの場合機種名の頭に『P』がつくものが新規則機、パチスロの場合『6号機』と呼ばれるものが新規則機です。当初、多くの旧規則機が2021年1月に撤去される予定でしたが、コロナの影響で幾度となく撤去期限が延期され、現状では2022年1月末に完全撤去のスケジュールとなっています。現時点でホールにおける旧規則機の設置割合は3割ほどで、これを来年1月末までに段階的にゼロに持っていくことになります。

 パチンコについては、個性的な出玉性能を持つ新規則機も多く、そこまで影響はないと思われますが、問題なのがパチスロ。6号機と呼ばれる機種は、かなり出玉性能が抑えられており、ユーザーの支持率がすごく低いんです。現在でも出玉性能が高い5号機を好んで打つユーザーも多く、この5号機ファンをいかに離さないでおくかが、パチスロ業界の大きな課題となっています」

5号機を打つためにパチンコ店に足を運ぶ人も

 では、5号機ファンはいま、どんな気持ちでパチスロを打っているのだろうか。ユーザーの声に耳を傾けてみた。

 都内に住む会社員のAさん(40代男性)は、暇さえあれば5号機を打つために、パチンコ店に足を運んでいるという。

「6号機は“一撃の最大獲得枚数は2400枚”という出玉のリミッターがあるので、全然夢がない。だから、リミッターのない5号機を打っています。あと半年くらいしか打てないと考えると、まさにいま打つしかない。私が好んで打っているのは、『パチスロ コードギアス反逆のルルーシュ R2』です。よく行くホールはこの機種が5台ほど設置されていますが、つねに3~4台が稼働している状況で、全台埋まっていて座れないこともよくあります。6号機に比べれば断然人気があります」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。