マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

パチスロ6号機の「有利区間」規制緩和で離れたユーザーは戻ってくるか?

2021年5月3日 15:00

有利区間上限が緩和され、パチスロユーザーは戻ってくるのか?
有利区間上限が緩和され、パチスロユーザーは戻ってくるのか?

 5号機時代に比べて、大幅に出玉性能が低下した6号機時代に入ったことで、ユーザー離れが加速しているパチスロ。そうしたなか、その出玉性能に関する規則が緩和される動きがあり、業界ならびにユーザーからも、注目が集まっている。

 パチンコ・パチスロメーカーの業界団体である日本遊技機工業組合(日工組)と日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)は4月15日、パチスロの6号機における「有利区間」の継続ゲームの上限について、これまでの1500ゲームから3000ゲームに変更することを決定。さらに、将来的には有利区間の上限も撤廃する方向だという。

 パチスロの「有利区間」について、パチスロに詳しいライターの藤井夏樹氏が説明する。

「6号機の『有利区間』とは、AT(アシストタイム)やART(アシストリプレイタイム)と呼ばれる、出玉が増える状態に突入する抽選を行っているゲーム区間のこと。その名の通り、ユーザーにとって有利な区間ということです。ただ、なかには、ほとんどの時間が有利区間に滞在している機種などもあり、単純に有利なわけではありません。

 また、有利区間は連続して1500ゲームしか滞在できないので、仮にAT、ARTの最中で出玉が増えている途中でも、有利区間の連続滞在ゲーム数が1500ゲームに達すると、強制的にATやARTは終了してしまいます。つまり、有利区間の上限が出玉のリミッターにもなっているわけです」

 その有利区間の上限が1500ゲームから3000ゲームになると、パチスロはどう変化するのだろうか。

「まず、有利区間の上限に達して、ATやARTが強制終了になるというケースが、かなり減少するはずです。これはユーザーにとってはメリットです。ただ、6号機では有利区間のほかに、1回の有利期間内での最大獲得出玉が2400枚という制限があります。つまり、有利区間が3000ゲームに長くなったところで、それより前に2400枚の上限に達したら、そこで強制終了となる。結局のところ、最大出玉枚数は変わらないので、ユーザーのメリットは限定的だと言えるでしょう。

 そのなかでひとつ指摘できるのは、ゲーム性が変化する可能性です。現在の6号機では、有利区間1500ゲームのなかで2400枚を取り切れるように、ATやART中の出玉速度(1ゲームあたりの純増枚数)が速い機種がメインとなっています。しかし、今後は有利区間3000ゲームの中で2400枚が取り切れればいいので、必ずしも出玉速度が速い必要はなくなる。かなり、ゆったりと遊べる機種も増えてくるでしょう」(藤井氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。