マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

1本4万円「メガネスーパー」はなぜ高くても売れるのか? 社長が語る戦略

2021年7月4日 7:00 週刊ポスト

メガネスーパーは低価格チェーンにどう対抗しているのか(写真はコロナ前のもの)
メガネスーパーは低価格チェーンにどう対抗しているのか(写真はコロナ前のもの)

 赤字続きだった「メガネスーパー」に再建役として乗り込み、社長就任わずか3年で黒字転換させたのがビジョナリーホールディングスの星崎尚彦社長(54)だ。老舗をV字回復させた手法とは。

──平成元年(1989年)当時は何をされていましたか?

星崎:平成元年は、ちょうど早稲田大学を卒業して三井物産に入社した年でした。私の祖父は戦後に三井物産名古屋支社の支社長をしていて、父親も同じく三井物産の社員(後に取締役)。母や親戚の多くも社員で、もともと縁は深かった。

 ですが、最初から三井物産に入ると決めていたわけではありません。当時はバブル期で大手企業の門戸も開かれていたし、各業種のトップ企業を受けまくりました。

 他にいくつか内定を頂きましたが、様々なことにチャレンジできる環境があり、最も魅力的に思えたのは三井物産だった。

 ただ、その程度の意識ですから、総合商社についての基礎知識も全然ありません。最初に配属された繊維部で「お前、インボイス(請求書)も知らないで商社マンになったのか」と上司から罵倒される始末で、新人時代はへこみまくっていましたね(笑い)。

──三井物産では約10年間働いた。

星崎:正確には1998年12月に休職、1999年1月から1年間海外留学し、2000年に退職しました。

 入社後、繊維やアパレルの事業で成果をあげ、営業には自信を持ち始めていました。その一方で、履歴書に胸を張って書き込めるような具体的スキルがないことも気になっていた。そこでMBA(経営学修士)の取得を目指して留学したんです。

──“物産ファミリー”の中で、よく辞める決断ができましたね。

星崎:もちろん母には泣かれ、父は会社で吊るし上げられ、周囲からもさんざん言われました。

 ですが、振り返ると大学ではスキー連盟の委員長をやったり、三井物産でもスキー部キャプテンを務めたりと、若い頃から自然とマネジメントの訓練を自分に課してきたんですよね。会社を経営する社長業とキャプテンシーは同じものであるという信念のもと、自分は経営者として独り立ちしたいと考えました。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。