マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

塀の落書きやゴミ投棄にうんざり… どんな警告文を掲げれば有効か

2021年7月10日 11:00

落書きやゴミの不法投棄をどうにかしたい…(イメージ)
落書きやゴミの不法投棄をどうにかしたい…(イメージ)

 敷地内のシャッターや壁への落書き、ゴミ不法投棄などの迷惑行為は対処が難しい。直接注意すれば新たなトラブルに発展するリスクがあるが、かといって問題をそのまま見過ごすわけにはいかない。警告文を貼るなどの間接的な対策で、有効な方法はあるだろうか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。

【相談】
 私の家は川沿いにあり、何者かが塀などにスプレーで落書きをしています。自粛の鬱憤でしょうか、川でバーベキューをした人たちが落書きをしているようです。さらに家の周りには、ゴミも散乱。注意喚起のため、立て看板を設えようと考えているのですが、どのような警告文などを掲げれば、有効となりますか。

【回答】
 スプレーによる塀などへの落書きは、被害に遭った人だけではなく、町の景観を著しく傷つける行為であり、見るだけで閉口します。

 簡単に消せるものであればまだしも、洗い落とすのが難しいスプレーもあります。仮に復原できたとしても、大変な費用が掛かるような場合は美観を損ねた上に、塀としての効用も失わせている行為だといえます。よって、刑法261条の「他人の物を損壊し、又は傷害した」ことにより、3年以下の懲役、又は30万円以下の罰金、もしくは過料で処罰される器物損壊罪になります。

 ただし、この犯罪は親告罪であり、被害者が告訴をする必要があります。もし、スプレーをかけたのが建物の壁の場合は、建造物等損壊罪として懲役5年以下で処罰されることになり、告訴の必要はありません。簡単に消せて、悪質な落書きでもない場合には、塀の効用を失わせたとまではいえませんが、それでも軽犯罪法により、みだりに他人の家屋、その他の工作物を汚した者として、拘留、または過料で処罰される犯罪になる可能性もあります。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。