マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

コンビニバイトで業務量の多さに悲鳴!今だから言える「割に合わない仕事」の数々

2021年7月7日 16:00

「割に合わない仕事」で疲弊した人たちも(イメージ)
「割に合わない仕事」で疲弊した人たちも(イメージ)

 給料に比して業務量が多い、顧客対応がつらい……。そんな「割に合わない仕事」を我慢しながら続けているうちに、心が折れてしまった経験のある人もいるかもしれない。やめた今だから言える経験談を当事者に聞いてみた。

コンビニ店員は広範なレジ業務から迷惑客の対応まで

「正社員で美容関係の接客業務、商社の営業事務、アルバイトや派遣社員ではテレフォンアポインターや家事代行サービスなど、いろいろとやりましたが、私の中で割に合わなかった仕事はコンビニバイトでした」

 そう話してくれたのは40代の主婦・Aさん。コンビニは業務量の多さの割に給与が安かったが、それでも約5年続けたそうだ。きっかけは、家の近所のコンビニの張り紙でバイトの募集を知り、「近いから」という安易な理由で応募したが、業務量の多さに後悔した。

「レジ業務をはじめ、レジ精算、代行収納、配達受付、ごみ回収、トイレ掃除、店内清掃、駐車場掃き、揚げ物や肉まん、おでん、商品の補充などなど。雑誌の返品作業で腰を壊しかけたこともあります。ここまで業務内容が幅広いのに当時で時給900円くらいでした。正直、割に合わないなと思っていました」(Aさん)

 業務量の多さに加えて、顧客対応も厄介だったという。なかには「仕事とはいえ、ここまでやらなきゃいけないの?」と思うこともあったという。

「コピー機の操作を教えてくれというが高齢者は多かったですね。他には目覚まし時計に電池を入れてほしいというお年寄り。中年男性から『かごを持ってこい』と怒鳴られたうえに、お付きの人みたいにかごを持ち歩かされたことも。夕方から夜のシフトに入った時には、飲み会帰りの学生から買い物もしていないのに袋をくれと言われ、仕方なく渡した途端に袋の外に嘔吐され、吐瀉物の回収をしたこともありました……。まあ大変でしたね」(Aさん)

身バレ、ビラ配りでのナンパ…「想定外」の事件

 コンビニ以外にも割に合わない仕事を実感した人は少なくない。メーカーで働く30代の男性・Bさんは、20代当時にクリエイティブな仕事に憧れており、新卒で入社した会社を1年で退社。その後、編集者のアシスタントとしてライティング業務やリサーチを担当した。だが、あることがバレると状況は一変した。

「帰国子女だと知られると、英語対応もあるカスタマーサポートと兼任させられました。帰国子女といっても小学校時代に日本に帰ってきたので、そこまでちゃんとした英語を話せるわけではなく、大きな負担でした。後任者が決まるまでの約束だったのに1年経っても改善されず、“こういうことがしたかったわけではない”と思ってやめました」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。