マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

ホームステイ体験でアメリカにかぶれた男子高校生が友達を失うまで

2021年7月8日 15:00

アメリカでのホームステイから帰国後、その様相は一変したという(イメージ)
アメリカでのホームステイから帰国後、その様相は一変したという(イメージ)

 コロナ禍で海外へ行くのはなかなか難しい状況が続いているが、夏休みを利用して、海外に行きたかった学生・生徒たちは多いはず。近年は、カリキュラムに海外でのホームステイを組み込む高校や、留学を必修化する大学もあるが、訪れた場所を好きになるのと、かぶれてしまうのは別だ。神奈川県に住むTさん(20代/男性)は、見事にアメリカにかぶれたことで、友人から総スカンを喰らってしまったという。どういうことなのか、そのエピソードを振り返る。

 Tさんがホームステイでアメリカ・フィラデルフィアに行ったのは、高校1年生の時のこと。Tさんが通う高校では、高1の夏休みにアメリカに海外研修旅行に行く選択プログラムが用意されていた。Tさんはそれまで海外旅行経験はゼロで、部活はパソコン部、趣味はゲームと漫画という、ごく普通の高校生。しかし1か月のホームステイから帰国すると、Tさんの様相は一変していた。Tさんをよく知る友人のAさんはいう。

「Tは、行く前は『面倒くさい』『アメリカなんて……』とブツブツ言っていましたが、帰ってくると別人に変身していました。以前は安物の運動靴、ヨレヨレのジーパン、チェックのシャツが定番で、ファッションにはまるで無頓着だったのに、NBAのチームのユニフォームにひざ丈のパンツ、原色のバスケットシューズ、腕や首にはジャラジャラとアクセサリーといったファッションに突然変身したんです」(Aさん。以下同)

 Tさんのホームステイ先には同年代の男の子がいて、一緒にバスケットボールをやったりスケボーをやったりする内に、ものの見事にアメリカ文化に惚れ込んでしまったのだ。帰国後、Tさんの話題はメジャーリーグやNBAばかりになり、音楽の好みもグループアイドルからラップに。香水らしきものも付けるようになり、周囲にプンプンと良い匂いを振りまくようになったという。

「ホームステイの参加メンバーはもれなくアメリカにかぶれてしまい、顔を合わせる度に“グータッチ”のような挨拶をしていて、現地で呼ばれていた外国人風の名前で呼び合っていました。Tと休日に会うと、パーカーのフードを被り、曇りの日でもサングラスを掛けていて、周囲の人からジロジロ見られることもありましたが、本人はどこ吹く風の様子でした」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。