マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「第一勧銀の預金は長男、富士銀は次男」と遺言書 今は「みずほ」でトラブルに

2021年8月30日 7:00 週刊ポスト

遺言書があればすべて解決するわけではない(イメージ)
遺言書があればすべて解決するわけではない(イメージ)

「相続でもめるのはお金持ちという印象があるでしょう。もちろん、お金持ちにもトラブルはありますが、分割する財産があるだけ解決しやすい。むしろ、財産が少なくて分けにくい家族のほうが、問題がこじれがちです」

 そう話すのは『トラブルの芽を摘む相続対策』の著書がある吉澤諭氏(吉澤相続事務所代表)だ。次のような実例を挙げる。

 母親が亡くなり、相続人は同居していた長男と離れて暮らす次男の2人。遺産は自宅(評価額4000万円)とわずかな銀行預金のみ。長男は同じ家に住み続けることを望み、次男に銀行預金を全額渡せばいいと考えたが、次男は「遺産を半分ずつにすべき」と主張──。

「金融資産が少ない一方、自宅の評価額がそれなりに高く、かつ遺言書がないケースは、典型的なもめるパターンです。

 長男が“母親の面倒を見たし、今の家で家族と暮らしているから自分が相続したい。建物が古くてリフォームにお金もかかる”と主張しても、次男は“それなら2000万円を現金で払ってくれ”となることが少なくない。長男が払えなければ、共有名義にするか、自宅を売却してお金を分けることになる」(吉澤氏)

 いくら長男が母親の面倒を見ていたとしても、法定相続分は2人の息子が「2分の1ずつ」という非情な現実があるのだ。

「対策としては、親が遺言書を残すのがベスト。その場合も次男は法定相続分の2分の1(このケースでは遺産の4分の1)を『遺留分』として請求する権利がありますが、4000万円の遺産なら遺留分は1000万円で済む。

 次男の遺留分に相当する1000万円については、長男を受取人とする生命保険に加入しておく方法もあります。原則として死亡保険金は遺産分割の対象外ですから、次男が遺留分を請求したら、受け取った保険金で支払うのです」(吉澤氏)

 ただし、遺言書ですべて解決するとも限らない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。