マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

吉野家のテイクアウト牛丼 自己流アレンジでビールに合う最強つまみに!

2021年8月28日 16:00 マネーポストWEB

吉野家の牛丼、店で食べてもおいしいが、テイクアウトするとアレンジの楽しみも広がる(Getty Images)
吉野家の牛丼、店で食べてもおいしいが、テイクアウトするとアレンジの楽しみも広がる(Getty Images)

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、テイクアウトが盛んになった。外ではお酒が飲めない地域も増えており、テイクアウトした牛丼をつまみにビールを飲む、といった経験がある人もいるのではないだろうか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏もその一人。テイクアウトを利用すれば、より自分好みのアレンジができると満足しているという。ここでは中川氏が、ビールのつまみに合う吉野家のテイクアウト牛丼の食べ方を紹介する。

 * * *
 私はかねてから吉野家の牛丼はビールのつまみに合うと思っていました。しかし、吉野家の店舗でビールを飲みながらだらだらと少しずつ牛丼を食べるわけにはいきません。「吉飲み」ができる店舗もあるにはありますが、うまいこと自宅の近くにあるわけでもない。

 そうした理由から、自宅でビールを飲む時のつまみ用にテイクアウトを利用することが増えたのですが、テイクアウトの良い点は、完全に自分好みにアレンジできるようになることです。私が発見した、ビールのつまみにするのに最適なテイクアウト注文は、「牛丼小盛」(332円)+「肉だく(牛小鉢)」(148円)です。小盛は並盛よりも20円安く、ご飯が少ない。肉・タマネギがたっぷりで、これに大量の七味唐辛子をかけるととんでもなくビールに合うのです。

中川氏が注文した「牛丼小盛」と「肉だく(牛小鉢)」。紅ショウガは多めにもらえました
中川氏が注文した「牛丼小盛」と「肉だく(牛小鉢)」。紅ショウガは多めにもらえました

 今回は東京出張の際に吉野家でテイクアウトしてホテルで食べたのですが、自宅から忘れずに「マイ七味」(八幡屋磯五郎の缶)を持参して行きました。そうすれば、好きなだけ七味唐辛子をかけることができます。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。