マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

孫正義氏のスタンス「私は賢い投資家ではありません。『冒険投資家』です」

2021年9月16日 7:00 週刊ポスト

孫正義が語った「冒険投資家」の真意とは(写真/共同通信社)
孫正義が語った「冒険投資家」の真意とは(写真/共同通信社)

【最後の海賊・連載第5回後編】成功しても常に挑戦を繰り返す「起業家」の楽天・三木谷浩史氏。対して、同じ道を先行してきたソフトバンクの孫正義は起業家を卒業し、「次のステージ」へ向かおうとしていた──。週刊ポスト短期集中連載「最後の海賊」、ジャーナリスト・大西康之氏がレポートする。(文中敬称略)

 * * *
 2001年、ソフトバンクはADSL(非対称デジタル加入者線)のブロードバンドを提げて通信市場に参入した。相手は巨艦NTTである。ブロードバンドの事業部はその頃、ソフトバンクの本社があった東京・箱崎の雑居ビルに拠点を構えた。立ち上げに失敗すればソフトバンクも一巻の終わりだ。

 孫は本社の社長室を出て雑居ビルに籠った。パイプ椅子を並べて寝ているものや、寝袋を持ち込んで泊まりこんでいるものもいる。仮眠室には二段ベッドがぎっしり。『孫正義300年王国への野望』(杉本貴司著)によると、そんな雑居ビルのオフィスを孫は「養鶏場」と呼んでいた。

 2012年に1兆5700億円で買収した米携帯大手スプリント・ネクステルの再建に手間取り、同社が赤字を垂れ流し続けた時も、孫は一時的に拠点を米国に移し、陣頭に立った。2016年に英半導体大手のARMを3兆3000億円で買収する際は、地中海にクルーザーを浮かべていた相手CEOに直接、電話をかけ、ヨットハーバーで買収交渉をする大立ち回りを見せた。

 だが孫は少しずつ経営のスタンスを変えている。2014年9月に「後継者含み」でグーグル副社長のニケシュ・アローラを招聘。2015年3月期末までのわずか半年で165億円の報酬を支払い、話題になった。真意の程は不明だが「もう少し社長を続けたくなった」という孫の我儘でアローラは在任わずか1年10ヶ月で退任。68億円の退職金を受け取ってアメリカに帰った。

 2019年11月6日、SBG(ソフトバンクグループ)の記者会見は孫の反省弁から始まった。

「ボロボロでございます。真っ赤っ赤の大赤字。まさに台風というか大嵐でございます」

 2019年7~9月期、SBGの決算は7001億円の最終赤字に転落。孫は2017年にサウジアラビアの政府系ファンドなどと「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF、通称10兆円ファンド)」を立ち上げたが、巨額を投資した先である米シェアオフィス大手、ウィーワークやカーシェアリングの草分け、ウーバーなどベンチャーの評価額が軒並み暴落し、減損に追い込まれた。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。