マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

専業主婦の妻、年金に「60歳から任意加入」で年10万円増やせるケースも

2021年9月22日 15:00 週刊ポスト

年金「60歳から任意加入」で受給額を増やすことも
年金「60歳から任意加入」で受給額を増やすことも

 年金受給開始を間近に控える世代では、会社勤めは夫だけで、妻が専業主婦というケースが珍しくない。そうした夫婦は任意加入によって、年金を増やすチャンスがあるかもしれない。

 現行の年金制度では、原則20歳以上60歳未満のすべての人が国民年金の加入対象となる。40年間加入した人であれば65歳から、満額となる年約78万円の基礎年金を受給できる。

「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘する。

「サラリーマンの夫によって生計を維持されている専業主婦の妻は、『第3号被保険者』となり、自ら保険料を納めなくても、国民年金に加入しているものとしてカウントされます。ただし、学生時代や結婚前に未加入期間があるなどで、40年間の満期加入に足りず、国民年金を満額受給できないケースが少なくありません」

 結婚歴35年の専業主婦・A子さん(60)を例に考えてみよう。

 A子さんは今年60歳になったために、「第3号被保険者」ではなくなる。A子さんは学生時代と結婚前、合わせて5年間、国民年金に加入していなかった。1991年3月までは学生の国民年金加入が義務ではなかったので、こうしたケースは少なくない。結果、A子さんの加入期間は35年にとどまり、満期に5年足りない。

「そこで活用したいのが国民年金の『任意加入』です。加入期間が40年に満たない場合、本人の申請で『60~64歳』の間に保険料を支払って加入期間が増やせる制度です。これによって40年加入の満額受給に近づけられるのです」(北村氏)

 A子さんの場合、60歳から64歳までの5年間、任意加入することで、加入期間がちょうど40年に達する。

「このケースでは、年間の受給額が約68万円から約78万円にアップします。毎月の保険料が約1万6500円、5年トータルで約100万円なので10年の受給で元が取れて、その後は長生きするほどリターンが大きくなります(別掲図3参照)」(北村氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。