マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

知らないと損をする 女性のための年金受給額上乗せテクニック

2021年11月5日 7:00 女性セブン

自分で申請しないともらえないものも(写真/AFLO)
自分で申請しないともらえないものも(写真/AFLO)

 老後の生活を支える「年金」。何もしないで待っているのではなく、特に女性の場合、上手く制度を活用することで、受給額を上乗せできる可能性もあるという。知らないと損する、女性のための年金受給額上乗せテクニックを紹介しよう。

国民年金の任意加入

 国民年金を満額受給するには、加入期間が40年必要だ。会社員の妻は、専業主婦であれば保険料の負担なく加入期間を積み上げている。しかし、20代の学生時代など、結婚前の空白期間があるケースも多い。そうすると、いざ年金受給開始となったときに、受給に必要な加入期間が40年より短いので、満額受給できず年金収入が減ってしまう。

 実は、この空白期間は、あとから埋めることができる。60才から64才の間に「任意加入」して不足している期間分の保険料を納めれば、65才から満額の支給を受けられるのだ。年金博士」こと、ブレイン社会保険労務士法人の北村庄吾さんはこう話す。

「空白期間が5年あった女性が、5年間任意加入すれば、年金額は年額約10万円アップします」(北村さん・以下同)

“もらい得”の付加年金

 任意加入とセットで考えたいのが「付加年金」。任意加入で支払う国民年金に、月額400円をプラスして納める制度だ。月々の保険料負担は増すが、将来の年金額が年額にして200円×納付月数分、増える。

「金額はさほど大きくありませんが、元を取るまでにかかる期間はたったの2年間。以降は“もらい得”になるので絶対におすすめです」

 5年間付加年金を納めたとすると、3年目以降、年額で1万2000円増額される計算だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。