マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

71才一人暮らし女性の家計 年金収入は月4万円、変動費は「1日1000円」ルール

2021年6月4日 19:00 女性セブン

月4万円の年金でどう暮らしている?(小笠原さん)
月4万円の年金でどう暮らしている?(小笠原さん)

 ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんによると、老後の生活費の目安は、夫婦2人で持ち家に住む場合は月17万~18万円程度で、ひとり暮らしの場合は月11万~12万円程度という。年金収入が少ないと、安心して老後を迎えることなど到底できそうにない……そう思う人も多いだろう。

 だが、年金収入は月4万円でも充実したシニアライフを送る人もいる。「月の生活費は約12万円」という71才一人暮らし女性に話を聞いた。

節約は“ゲーム”と割り切って工夫する

「65才で年金生活になったら働かず、好きなことだけをしようと決めていました。ただ、ここまで長生きするとは思っていなかったので、この先息切れしないように、節約しています」

 こう話す小笠原洋子さん(71才)が暮らすのは、豊かな自然に囲まれたUR都市機構の団地だ。

「団地周辺は行政による掃除や整備が徹底しているので、きれい好きの私には心地がいい。朝食と昼食は、キッチンの窓越しに広がる緑を眺めながらいただきます。名付けて、『絶景食堂』(笑い)」

 昼過ぎまで家事や書き物をして過ごしたら、散歩へ。

「緑の中を歩き、マイナスイオンを浴びます。四季折々の自然を眺めながら新しい散歩道を探したり、途中で休んで本を読んだり。毎日が旅気分です」

 家に居ながらレジャーを楽しむという“節約”をしているわけだが、心から楽しんでいるため、逼迫感はない。

「収入が年金の約4万円しかないため、家計は貯蓄で回しています。ですから節約は必須。でもゲームだと思ってやっています。たとえば、食費や日用品などの変動費は『1日1000円』ルールを作り、その範囲でやりくりしています。1日2000円使ったら翌日は買い物をせずに帳尻を合わせています。さらに、使いすぎないよう財布の中には1週間分の千円札と、予備の千円札を入れています」

 自宅でも、お金をかけない心地よい暮らしのため、随所に工夫を凝らす。リビングには、メモ帳で作ったモビールを飾り、レースのカーテン代わりに。服も古い着物をリメーク。学芸員として美術館で働いていたときのセンスが生かされている。

「幸い縫ったり作ったりするのが好きなんです」

 こうほほ笑む小笠原さん。節約生活も、工夫や考え方次第でいかようにも楽しめるのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。