マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

来年4月の東証プライム市場開設も追い風 日本株に海外マネーが押し寄せる

2021年11月8日 7:00 週刊ポスト

 その世界の投資マネーが押し寄せると予想されるタイミングで、日本に“新しい市場”が生まれる。

 東証は2022年4月4日、これまでの1部、2部、マザーズ、ジャスダックの市場区分を再編し、最上位に海外投資家を呼び込める大企業からなる「東証プライム市場」を開設する(その下に中堅企業の「スタンダード市場」、新興企業の「グロース市場」を置く)。前出の平野氏が語る。

「これまでは2部上場の企業の中にも1部より時価総額が大きい企業があるなど、基準が曖昧でわかりにくかった。東証の市場再編で時価総額が大きい一流企業がプライム市場に上場することになり、海外投資家にもわかりやすくなる。東証がニューヨーク市場など世界のマーケットと肩を並べて海外投資家を呼び込む準備が整うわけで、4月4日は日経平均が3万4000円に向かう大きなインパクトを与える日になると言えるでしょう」

 2022年4月4日は、コロナ下で企業業績がなかなか回復せず、金融緩和しても物価上昇が1%以上にならない“経済成長から見離されたデフレ国家”と笑われていた日本が、世界に向けて「勝利宣言」する日になる。

※週刊ポスト2021年11月12日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。