マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「紙半減」宣言のセイコーエプソン 「環境配慮のプリンター」という命題

2021年11月9日 7:00 週刊ポスト

オフィス用のインクジェット複合機
オフィス用のインクジェット複合機

──効果は具体的に何か出ていますか?

小川:5年前に製造・販売を始めた「ペーパーラボ」は世界初の乾式オフィス製紙機で、使用済みの紙を原料に機器内の保湿に少量の水を使用するだけで、文書情報を完全に抹消したうえで新たな紙を再生産します。

 紙の再生産についてはいろいろなアイディアが出ています。古紙を細かく砕き、それをある程度固めて梱包材にし、発泡スチロールの代わりにするといったこともできます。強度をさらに高めれば「紙製の机や椅子」なども作れるようになります。できるだけ早く実用化し、ビジネスとして確立していきたいですね。

──セイコーエプソンの将来像は?

小川:環境に貢献する姿勢を掲げ、技術力で応える企業―そのように見てもらえる会社を目指します。“環境に資することをビジネスに”という考え方には社員も共感してくれています。

 現在の当社の年間売上は約1兆円というところです。それをむやみに拡大するのではなく、社員一人ひとりが目的を持って働き、社会に貢献できている実感を得られる会社にしていきたい。私が入社した頃のエプソンもそういう会社でしたから。

【プロフィール】
小川恭範(おがわ・やすのり)/1962年、愛知県名古屋市生まれ。1988年に東北大学大学院工学研究科修了後、セイコーエプソンに入社。VI(ビジュアル・インスツルメンツ)事業推進部長、ビジュアルプロダクツ事業部長などを経て、常務取締役などを歴任。2020年より現職。

【聞き手】
河野圭祐(かわの・けいすけ)/1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

※週刊ポスト2021年11月12日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。