マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

がん保険の落とし穴 免責期間、入院の有無、がんなのに保険がおりないことも

2021年11月30日 15:00 週刊ポスト

 食道がんを経験したジャーナリストの金田信一郎氏(会員誌『Voice of Souls』代表)は、加入していた医療保険に「先進医療特約」を付加したほうがいいと指摘する。

「累計2000万円くらいまでをカバーする高度先進医療特約は絶対に入ったほうがいい。例えばがんの陽子線・重粒子線治療は、1回300万円なので、単発ならば払えるかもしれないが、再発のたびに負担するのは難しい。

 私もこうした治療を検討したことがありましたが、費用面が雪だるま式に増えるリスクは取りにくい。これから陽子線・重粒子線治療が選択肢に入ってくる時代に必須と言っていいでしょう」

 加入時期によって保障内容が異なるため、これから加入を検討する人はもちろん、すでに保険に加入している人も見直したい。

※週刊ポスト2021年12月3日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。