マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

丸亀製麺、値上げ発表でも愛好家たちの落胆の声が少ない理由

2022年1月10日 15:00 マネーポストWEB

丸亀製麺の『釜揚げうどん(並)』と『ちくわ天』と『えび天』
丸亀製麺の『釜揚げうどん(並)』と『ちくわ天』と『えび天』

 うどんチェーンの丸亀製麺が1月12日から一部商品を値上げする。公式サイトでは、「昨今の原材料費の高騰及び人件費・物流費の高騰」を受けての価格改定だと説明しているが、価格据え置きのメニューもあり、ファンの間では評価する声もあがっているようだ。

 値上げ幅は10円から30円。『かけうどん(並)』、『ぶっかけうどん(並)』、『ざるうどん(並)』がいずれも320円から340円に20円の値上げとなるほか、『釜玉うどん(並)』は390円から420円に、『とろ玉うどん(並)』は460円から490円に、『肉うどん(並)』は590円から620円と、それぞれ30円の値上げ。また、並から大サイズの変更も110円から120円となる。トッピングの『野菜かき揚げ』は140円から150円、『かしわ天』は150円から160円と、それぞれ10円の値上げだ。

 一方で、看板メニューである『釜揚げうどん(並)』は290円で据え置き。トッピングでも人気メニューである『ちくわ磯部天』(70円)と『えび天』(160円)も据え置きだ。さらに、丸亀うどん弁当の『2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当』(390円)、『3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当』(490円)も据え置きとなっている。

 今回の丸亀製麺の値上げについてネット上では、〈すき家に続いて丸亀も値上げかよ…〉、〈どこもかしこも値上げばかりですね。据え置きは給料だけ〉、〈庶民の身近な食べ物が上がるのは、なかなか辛いところがある〉などと嘆きの声が上がる一方で、〈一部でも据え置きは良心的。企業努力見える〉、〈わー…値上げか… 釜揚げ変わらなくて本当に嬉しい〉と、人気メニューの一部が据え置きとなったことに救いを感じているネットユーザーも少なくないようだ。

据え置き商品を確保しつつ小刻みに値上げ

 丸亀製麺では2021年4月にも一部商品の値上げが行われた。これは、商品の総額表示(税込価格表示)の義務化に伴うもので、『かけうどん(並)』、『ぶっかけうどん(並)』が300円から320円に20円値上げされたほか、『釜玉うどん(並)』は370円から390円に値上げされた。このときも、看板メニューの『釜揚げうどん(並)』は290円で据え置きだった。

 また2019年10月には、消費税が8%から10%に増税されたタイミングでも値上げをしている。このときは『かけうどん(並)』や『ぶっかけうどん(並)』が290円から300円に値上げされた一方で、『釜揚げうどん(並)』、『おろし醤油うどん(並)』、『肉うどん(並)』、『かしわ天』などは価格据え置きとなっており、消費増税分の値下げとなる商品もあった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。