トレンド

「SDGsでスタバが映えなくなった」と嘆くインスタ女子たちの創意工夫

スターバックスのSDGsへの取り組みがインスタ女子たちにも影響(時事通信フォト)

スターバックスのSDGsへの取り組みがインスタ女子たちにも影響(時事通信フォト)

 持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」への取り組みが世界的なトレンドになっている。企業も環境に配慮した様々な対応をしており、たとえば人気コーヒーチェーンのスターバックスでは、昨年9月から「紙ストロー」が導入されている。

 同社はプレスリリースで、「スターバックスは、日本およびグローバル全体で、2030年までに廃棄物・CO2排出量を50%削減する目標を掲げ、『Reuse(再利用)』『Recycle』を含めた様々なアングルから、使い捨てプラスチック削減の取り組みを進めています」と発表。こうした目標達成の一環として、コールドドリンクのストローがすべて紙ストローで提供されることとなった。

 スタバに限らず、時代の流れとして、紙ストローを採用するようになった外食チェーンは少なくないが、まだすべての消費者が納得しているわけではないようだ。一部のスタバファンからは、「飲みづらい」「味が変わる気がする」といった声も出ており、「バイオマスプラスチックストローにすればよい」とプラスチックストローの復活を希望する声も上がっている。

 そうした中で、スタバの紙ストロー導入を、別の角度から嘆いているのはインスタ女子たちだ。関西の私立大学に通う女子大生Aさん(20歳)は、インスタグラムで5000人以上のフォロワーがいる。Aさんが語る。

「スタバで飲み物を頼むときは、インスタでの『映え』を考えて、シーズン限定商品のコールドドリンクを注文することが多いです。クリームやソースとロゴ入りの透明のカップ、グリーンのストローが揃うからカワイイんです。それが、紙のストローに変更されてからは映えないので悲しい(笑)。

 ただ、大学の授業でもSDGsについて学ぶ機会があり、環境問題への意識が高い学生も増えていると思うので、大きな声で元のストローに戻してほしいとは言いにくいですね。周りのインスタグラマーにも、ストローを外した状態でドリンクを撮影する子が増えています」(Aさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。