マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「大事なものがみつからない」紛失事件簿 受験票、骨壷、自動車ほか、驚きの実例

2022年1月19日 19:00 マネーポストWEB

どんなに大きな物でも、見つからない時はある

 現在は大学で教鞭をとるしっかり者のUさん(50代、女性)は、優勝旗と似たようなサイズのものをなくした。

「大学時代、私はスキー部に所属していました。冬の合宿は1か月近くスキー場に泊まり込み、ホテルのバイトをしながら、休憩時間にひたすら滑りまくる生活。当時はスキーが大ブームで、スキー場はとんでもなく混んでおり、板置き場も殺人的に混むので、部員たちは皆、屋外にスキー板を置いていました。

 しかしある朝、自分のスキー板を取りに行くと、板がありません。前日にドカ雪が降り、除雪車の通るコースが変わったようで、板が雪に埋もれてしまったのです。宿でスコップを借り、一帯を2~3時間掘りまくりましたが見つからず、春になってもスキー場から連絡はありませんでした」(Uさん)

 サイズ的に最大級のものを“なくし”かけたのはHさん(30代女性、金融)だ。

「免許を取り立ての頃、レンタカーでショッピングモールに行った時のことです。GWで駐車場は大混雑していて、車を停めるまでに1時間以上かかり、ようやく車を停めた後はトイレに駆け込みました。そして安心して買い物をして、いざ帰る時になったら停めた場所が分からないのです。

 元から方向音痴で、駐車場を散々ウロウロしたので、最終的にどこに停めたかどうかはあやふや。車種はもちろん、車の色さえ覚えていません。キーに車のナンバーが書いてあったのがせめてもの救いですが、駐車場には数千台の車が停まっています。

 友人と手分けして1時間以上探したものの見つからず、警備員さんに泣きつくと、『リモコンキーを押しまくってみろ』とのこと。そこで、あらゆる方向に向けてボタンを押しまくっていたら、5分ほどで見つかりました」(Hさん)

 警備員さんによれば、1日に1人か2人はそういう客がいるそうで、「自分の車でも分からなくなる人はいる」のだとか。

 別のパターンで車をなくしかけたのはAさん(60代男性、食品)だ。

「車で外回りをしていた時、大渋滞にあってしまい、コインパーキングに車を置いてお客さんの所に向かいました。その日はそのまま会社に戻り、翌日に車を取りに行くと、置いた場所が分かりません。アポに遅刻しないことに気を取られ、車を置いた場所を忘れてしまったのです。

 どうしても見つからないので交番に行きましたが、『盗難じゃないなら対応しようがない』『コインパーキングに停めてるなら、駐車違反にもならないしね~』と言われてしまい、自力で探しまくること4時間。記憶とは全然違う所に停めていました。営業者が少し特徴的な青い色だったのでまだ見つけられましたが、白だったら絶対無理だった気がします」(Aさん)

 Aさんはそれ以来、周囲の人に「車は絶対に派手な色がいいぞ」と言いまくっているそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。