マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「大事なものがみつからない」紛失事件簿 受験票、骨壷、自動車ほか、驚きの実例

2022年1月19日 19:00 マネーポストWEB

忘れっぽい人は「網棚」に要注意(イメージ)
忘れっぽい人は「網棚」に要注意(イメージ)

 昨年末のスポーツ界で大きな話題となったのが、元旦恒例・ニューイヤー駅伝の「優勝旗紛失」事件。2021年優勝チームの富士通が次年度大会を迎える準備を始めたところ、優勝旗がなくなっていることが判明し、平謝りする羽目になった。もちろん誰でも何かをなくした経験があるだろうが、「何故それをなくすのか……」というようなものが見つからなくなってしまった経験の持ち主は案外いるようだ。その実例をいくつか紹介したい。

大学受験の時に受験票をなくした!

 都内に住むTさん(40代男性、自営業)は、人生でもとりわけ大事なタイミングで大事な物をなくした。

「センター試験(現・大学入学共通テスト)を受けた時、初日にあったはずの受験票が、2日目の朝には見当たりません。とりあえず会場に向かい、受付で受験票をなくしたと言うと、係員のおじさんに『来たよ! 今年の第1号が!』と叫ばれ、一緒に事務室へ。色々な書類を書かされ、インスタントカメラで写真を撮られ、『頑張ってね~』というセリフに背中を押されて“仮受験票”で何とか試験を受けられましたが、動揺も影響したのか、結果は浪人でした……」(Tさん)

 ショックが癒えた頃、大学入試センターから写真撮影代の請求書が届き、Tさんは改めて自分のバカさ加減を思い知らされたという。

 Iさん(40代、フリー編集者)は、大学を卒業するタイミングで大事な物をなくした。

「大学の卒業式の後、まずは学部単位での謝恩会があり、ビールで軽く数杯。その後ゼミの飲み会があり、さらにサークルの追い出しコンパもハシゴして、しこたま飲んでしまったんです。気付いたら地下鉄入り口の階段でうずくまっており、ゼミ仲間からもらった寄せ書きはしっかり持っていましたが、卒業証書はなくなっていました」(Yさん)

 酔っ払ってしまっては、何をなくしても驚きはないが、直後に控えていた就職で卒業証書が必要になり、大変面倒だったとか。

 酷くバチ当たりな忘れ物をしたのは、名古屋に住むAさん(50代女性、専業主婦)一家だ。

「父が亡くなった時、遺影と骨壷をなくしかけました。突然の別れで、多くの人が葬式に来てくれたのは有り難かったのですが、葬式後は心身ともにクタクタ。家に帰ると崩れ落ちるように寝てしまいましたが、起きて家を整理していると遺影と骨壷がありません。葬儀場、火葬場、親戚など、あらゆる所に電話をしても見つからず、通った場所を回ると、途中で立ち寄ったコンビニの駐車場のフェンスに遺影と骨壷が立て掛けてありました(苦笑)。

 帰宅時、子供がトイレに行きたいと言い出してコンビニに寄った時、膝の上に置いていた遺影と骨壷が邪魔になり、ひとまず置いたまま帰ってきてしまったようです」(Aさん)

 草葉の陰で父親は泣いていたかもしれない……。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。