マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

コロナ禍で再就職に成功した女性3人「こうしてより良い仕事に就きました」

2022年1月28日 16:00 女性セブン

彼女たちはどうやって仕事を探し、再就職したのか(イメージ)
彼女たちはどうやって仕事を探し、再就職したのか(イメージ)

 厚生労働省の調査では2021年11月分の有効求人倍率は全国平均1.15倍で、コロナ禍の影響でもっとも低くなった2020年9~10月の1.04倍と比べ、需要増の傾向にあるという。そうした中で、新たに仕事を探している主婦の人もいるかもしれない。

 はたしてどうすればより良い仕事に就くことができるのか。コロナ禍での再就職に成功した3人の女性のリアルケースから、どのように好条件の仕事を探し、就職したか、その秘訣を聞いた。

条件の合う求人を常にチェック

 父母、夫、子供と暮らす片岡千絵さん(仮名・42才)は、大学卒業後、金融会社で正社員として働いていたが、育児のため退職。その後はフルタイムのパートに就いたものの退職し、ウェブデザインの勉強を行う。2020年末に短時間勤務が可能な倉庫内でのピッキング・梱包作業の仕事に就いた。

「コロナ禍でネット通販の利用者が激増し、物流業界は人手不足。私は短時間勤務のパートですが、時給980円で、数万円のボーナスも年2回出ます。景気がいいですよ」(片岡さん・以下同)

 この好条件の仕事は、求人サイトで見つけたという。

「私は転職に抵抗がありませんし、新聞やウェブで求人情報をチェックするのが趣味。おかげで人の出入りが激しい会社や、時給の高い業種もわかるようになりました」

 その流れで現職を見つけ、すぐに面接を受けたという。

「いまは週3回パートをしながら、ウェブデザインの仕事も業務委託で請け負っています」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。