マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

持ち家、車など「固定費がかかるもの」の処分で得する人・損する人の分かれ目

2022年2月25日 19:00 週刊ポスト

服、アクセサリーから、アルバム、年賀状まで、迷ったらこうする!処分のいろは
服、アクセサリーから、アルバム、年賀状まで、迷ったらこうする!処分のいろは

「重い鍋」「古い家電」はさっさと手放したほうがいい

 鍋などの調理器具は、古いものを使い続けると大惨事につながる恐れがある。

「重い鍋は、高齢になって筋力が低下すると腕や腰を痛める原因になったり、落として足の骨を折る危険もあります。重い鍋は丈夫でまだ使えることが多いかもしれませんが、体力に合わせて見直すことも必要です」

「古い家電」もさっさと手放そう。元介護福祉士で整理収納アドバイザーの中里愛子さんが言う。

「壊れていないからと昭和の暖房器具を使い続けている人がいますが、昔の家電は安全装置がついていないものも多い。古い家電が原因で火事が発生することは珍しくない。すぐに処分した方がいいでしょう」

 さらにこれからの時代は、ものを所有したり、捨てる際は「環境への配慮」という考えが欠かせない。整理収納アドバイザーの井田典子さんは、プラスチック製品を持たない生活へとシフトしている。

「暖かいので、冬場はずっとフリース素材の布団カバーやパジャマを好んで使っていましたが、洗濯するたびにマイクロプラスチックが何億個も海に流れると知ってオーガニックコットン素材に買い替えました。蒸れなくて肌触りもよく、もっと早く買い替えればよかったと思っています。

 消耗品である食器用スポンジも、プラスチック製ではなく植物由来のセルロース製や、ヘチマたわしをカットして使っています。水切れもよくてにおいません」

“もの”は、買うときはもちろん、捨てる際にもお金がかかる場合がある。「捨てたけど買い直す」ことは、何重にもお金や環境への負担がかかっていることを理解したい。

※女性セブン2022年3月3日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。