マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

町中華で「シュウマイの復権」 老舗店女将も「ブームを実感」と笑顔

2022年3月10日 16:00 マネーポストWEB

町中華で「シュウマイ・リバイバル」が起こっている(浅草『博雅』のシュウマイ)
町中華で「シュウマイ・リバイバル」が起こっている(浅草『博雅』のシュウマイ)

 絹のような美しい薄皮に包まれた肉ダネ、口にすればあふれ出すジューシーな肉汁──。弁当のおかずから酒のつまみまで、老若男女に愛されてきた中華の定番・シュウマイ(焼売)。ただ同じ立ち位置にいるギョーザ(餃子)と比較すると、どうしても影の薄い印象が否めなかった。そんななか、町の大衆中華を中心に「シュウマイ・リバイバル」が起きているという。

 日本のシュウマイとギョーザの歴史は、明治時代にまでさかのぼる。『町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう』などの著書があるライターの下関マグロ氏が解説する。

「もともと日本に入ってきた順番は、ギョーザよりシュウマイの方が先でした。明治以降、長崎や横浜に誕生した中華街の“突き出し”のひとつとして入ってきたと言われています。大衆的な中華食堂である“町中華”の元祖とも言える老舗『来々軒』の1910年代当時のメニュー表には『シューマイ』という文字が記されており、中華そばなどとともに一般的に愛されるメニューだったんですね。

 戦後、それを破竹の勢いで追い抜いたのがギョーザです。満州出兵から帰ってきた日本人が持ち帰ったとされていますが、これが戦後の屋台文化で『焼きギョーザ』として大ヒット。以降、町中華はもちろん家庭の食卓でも広く食べられる国民食になりました。主に『茹で』『蒸し』という工程で調理されるシュウマイと比べて、『焼き』で仕上げるギョーザはニンニクの香りもあいまって味のインパクトが強く、ご飯のおかずになりやすかったことも勝因のひとつでしょう」

 ギョーザの後塵を拝し続けてきたシュウマイだったが、「実は近年、その勢力図に変化が生まれている」と下関氏は続ける。

「シュウマイ・リバイバルとも言える動きが起きているんです。冷凍シュウマイのコロナ禍での市場拡大も大きな要因のひとつですが、特筆すべきは『町中華のシュウマイ』の復活です。近年の町中華ブームに乗じて、戦前からシュウマイを提供していたお店に注目が高まり、その美味しさが見直されている。ギョーザと比べると肉々しさやジューシーさでシュウマイに軍配が上がり、玉ねぎの甘みが加わった逸品を瓶ビールで流しこむとたまりませんね。

 最近はテイクアウトを始めた店も増えていますが、ギョーザは『焼き』の工程が必要なのでどうしてもフライパンを使わないと美味しくならないんですよ。一方でシュウマイは『蒸し』なので、電子レンジで調理しても美味しくいただける。洗い物も楽で持ち帰りと相性がいいんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。