マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

吉祥寺、恵比寿、中目黒…おしゃれタウンに住んでみてわかった「想像と違う!」

2022年3月16日 16:00 マネーポストWEB

住みたい街ランキングの上位常連の吉祥寺。実際に住んで感じたがっかりした点は?(写真は井の頭公園)
住みたい街ランキングの上位常連の吉祥寺。実際に住んで感じたがっかりした点は?(写真は井の頭公園)

 引っ越し先を選定するうえで、大きな要素となるのが「街選び」。治安の良さや自然の豊かさ、飲食店の充実度など、何を軸にするかは人それぞれだが、「おしゃれなイメージ」もその1つだろう。そうした街は、住みたい街ランキングでも上位常連であり“憧れの街”に一度でいいから住んでみたいと思う人も少なくない。だが、実際に住んでみると、理想と現実のギャップに「こんなはずじゃなかった」と感じる人もいるようだ。憧れのおしゃれな街に住んだ人に、あえて「がっかりしたこと」「想像と違っていたこと」を聞いてみた。

吉祥寺は“住む街”より“行く街”のほうがいい

 3月3日、リクルートが発表した「SUUMO住みたい街ランキング2022 首都圏版」で2位にランクインした吉祥寺(東京・武蔵野市)。ランキング上位常連のこの街に長い間住んでいた30代女性・Aさん(金融機関勤務)は、こう振り返る。

「居心地のいいカフェや飲食店がたくさんある一方で、井の頭公園もあって自然豊か。どこか懐かしいハーモニカ横丁など、地方出身の私にとっては、都会の冷たい感じがしない、バランスが取れている街だと感じました」(Aさん)

 実際に住んでみると、家賃の高さを別にすれば総じて満足度は高かった。だが、人気の街ゆえの吉祥寺の弱点も見えてきたという。

「住宅街のイメージもあるかもしれませんが、駅前はゴミゴミしていて人が多いし、休日ともなれば観光に来る人もいるのでなおさらです。駅の南側はバスの通る道が狭いので、歩くだけでも一苦労。あと人気カフェや飲食店も“よそから来た人”だらけで、1人でのんびり入るという雰囲気ではなく、思ったより楽しめませんでした。もちろんこれは私がそうだというだけで、1人のお客さんも多いんですけどね。

 井の頭公園周辺は、花見のシーズンになると酔っ払いがうるさく怖い。隣の西荻窪か三鷹にすればよかったと後悔しながら、引っ越すのが面倒で5年ほど住んでいました。個人的には、“住む街”というより“行く街”にしたほうがいいかな、と思いました。自転車で行けるぐらいの距離がちょうどいい」(Aさん)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。