マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

旅行先で地震に遭遇、「新幹線運休」で帰れなくなったらどうなるか

2022年4月4日 15:00 マネーポストWEB

仙台駅の改札には東北新幹線運休を知らせる掲示が出されていた(3月17日)
仙台駅の改札には東北新幹線運休を知らせる掲示が出されていた(3月17日)

 旅行中に大きな地震が発生し、想定していた移動手段で帰れなくなってしまった──そんな状況に遭遇した場合、どう行動したらよいのだろか。3月16日23時36分頃、福島県沖でマグニチュード7.3、最大震度6強の地震が発生し、東北新幹線が運休した。旅先で同地震に遭遇した人の話を聞いた。

 都内のマスコミ関連企業に務める40代の女性・大野さん(仮名)は、地震発生時、旅行で仙台港近くのホテルに泊まっていた。

「一人旅で、17日に東京に戻る予定でした。それで最後の夜をゆっくり過ごそうとホテルの部屋でくつろいでいた時に、地震が発生したんです。これはかなり大きいと思って、すぐに逃げられるように着替えて荷物をまとめました。あとスマホが電池切れにならないようにと思い、とりあえず充電していました」

 その後、ホテルの係員が部屋に訪れ、上階への避難を促されたという。

「私が泊まっていたのは2階の部屋でしたが、ひとまず4階の通路で待機するように指示されました。そこから1時間くらいして、津波の心配もなくなったということで、部屋に戻されました」(大野さん・以下同)

 部屋に戻った大野さんは、テレビのニュースで東北新幹線の脱線事故を知った。

「このときはまだ状況がちゃんと把握できていなかったので一旦寝ました。それから朝の7時半くらいに起きてニュースを見たら、脱線事故の状況が思ったよりも大変そうだということがわかったんです。どうやらすぐに復旧する感じではないな、と。

 それを知って、予定していた新幹線とは別の手段で帰らなければならないと思って、すぐにスマホで高速バスの予約サイトにアクセスしました。でも、同じようなことを考えている人が多かったのか、全然つながりませんでしたね。40分くらいトライしたんですが、全然ダメでした。仕方なくチェックアウトして、仙台駅に行く路線バスを待っている間にもう一度トライしたら、やっとつながったのですが、当日の予約はもういっぱいだったので、2日後の19日出発の東京行きの高速バスを予約しました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。