マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「18歳成人制」で悪徳業者に要注意 18歳でも「未成年者取消権」は行使できない

2022年4月10日 16:00 マネーポストWEB

 具体的には、携帯電話の契約、ローンを組む、クレジットカードをつくる、賃貸契約といったことが親の同意なく可能になる。もちろん、自立した個人として活動できるメリットも大きいが、安易な契約はトラブルの原因にもなる。そして、悪徳業者たちはそんな社会経験に乏しく、親の保護がなくなったばかりの新成人をカモにしようと虎視眈々と狙っている。

 18歳といえば高校なら3年生。20歳成年制では高校卒業から成人までの間はある種モラトリアム期間だったが、それもなくなった。まずは親自身が、我が子を守るために社会について教えなければいけない時代なのかもしれない。うまい話など決してないこと、クーリング・オフ制度の存在など、痛い目を見る前に一度話をする機会を設けるのがいいだろう。

※ニューノーマル研究会編『ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識109』より一部抜粋、再構成

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。