マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

過去作もプレイできるサブスク『PS Plus』にレトロゲームファンの本音

2022年4月12日 15:00 マネーポストWEB

「PS Plus」リニューアルをレトロゲームファンはどう見るか?(イメージ)
「PS Plus」リニューアルをレトロゲームファンはどう見るか?(イメージ)

 ソニーインタラクティブエンタテインメントが、ゲームに関するサブスクリプションサービス『PlayStation Plus』(PS Plus)を6月にリニューアルする。現在『PlayStation Now』として提供されているクラウドゲーミングサービスと統合し、『PlayStation Plus Essential』、『PlayStation Plus Extra』、『PlayStation Plus Premium』の3つのプランで提供する。各プランの具体的な違いとともに、ユーザーの声、およびゲーム事情に詳しいジャーナリストの藤井夏樹氏に話を聞いた。

 現在のPS Plusは、主にPlayStation 4(PS4)やPlayStation 5(PS5)のユーザーを対象としたサービスで、有料会員になると毎月数本のゲームが追加料金なしでダウンロードできるようになるほか、PS Plus会員向けのディスカウントセールや限定アイテムの販売、一部タイトルでのオンラインマルチプレイが可能となる。料金は1か月850円、3か月2150円、12か月5143円。リニューアル後の『PlayStation Plus Essential』は、既存のPS Plusとほぼ同様のサービスで、料金も同じだ。

『PlayStation Plus Extra』は、『PlayStation Plus Essential』に加え、数百本のPS4とPS5のタイトルをプレイ可能。料金は1か月1300円、3か月3600円、12か月8600円だ。

 最上位プランとなる『PlayStation Plus Premium』は、『PlayStation Plus Extra』のサービスに加え、初代PlayStation(PS)、PlayStation 2(PS2)、PlayStation Portable(PSP)、PlayStation 3(PS3)のタイトルを最大240本プレイ可能。料金は1か月1550円、3か月4300円、12か月1万250円となっている。

「レトロゲームは“買い切り”がいい」の声も

 既存の『PS Now』では、PS、PS2、PSPのタイトルはプレイできなかったので、PSやPS2といった“レトロゲーム”をプレイできることが、『PlayStation Plus Premium』の大きな特徴と言える。しかし、ネット上では、〈プラン加入しなくても購入できるようにして欲しい〉〈過去ハードのゲームは1本数百円程度で買い切りにしてほしい〉など、過去のゲームについてはサブスクではなく、“買い切り”でプレイしたいという声も少なくない。藤井氏はこう話す。

「子供のころにプレイしていたゲームで遊びたいという40代以上のゲームファンは、必ずしも最新のゲームを熱心にプレイするような“コアゲーマー”ではないことも多い。つまり、必ずしもコアゲーマー向けではない“レトロゲームがプレイできる”という特典が最上位プランに組み込まれている点で、ユーザーの求めるものとのギャップがあると言えるかもしれません」

 レトロゲームはプレイしたいが、サブスクリプションサービスが苦手だという声もある。40代男性の会社員・Aさんは、「子供の頃の感覚が大きい」と言う。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。