マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

ガソリン代高騰に対抗 “燃費を上げる運転術”で走行距離2割増も

2022年4月24日 11:00 週刊ポスト

運転方法を改善することでガソリン代の節約も可能(イメージ)
運転方法を改善することでガソリン代の節約も可能(イメージ)

 昨年5月時点でリッター約145円だったレギュラーガソリン価格は、今や約170円まで高騰している。一回の給油で50リッター入れるとすると、1250円の違いになる。

 そうしたなかで、「“燃費を上げる運転”を心掛ければ、同じ給油量で車の走行距離を1~2割伸ばせます」と語るのは、モータージャーナリストの中村孝仁氏だ。

「まずは急発進、急ハンドル、急停車の“3つの急”をやめましょう。最もガソリンを消費するのは車の発進時。アクセルペダルを一気に踏み込むと燃費が非常に悪いので、ゆっくりスーッと踏み、徐々に加速して一定のスピードを保つ運転を心掛けましょう。特にハイブリッド車は顕著に燃費の差が現われます」

 停車時も急ブレーキを避け、停車したい位置の300mくらい前からアクセルを緩める走行が燃費によい。

「アクセルから足を離して惰性で走行する“空走”状態ではガソリンを食いません。この距離をなるべく増やし、停車位置が近づいてきたらゆっくりブレーキを踏んで停まりましょう」(中村氏)

 長年のクセを見直すことも重要だ。

「多くのドライバーに、発進時にアクセルを踏み過ぎて一度戻すという運転をする傾向が見られますが、燃費が悪くなるので注意したい。走行中に同乗者の頭が前後左右に揺れているなら、運転を見直す余地があると考えられます」(中村氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。