マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

コロナ禍で様変わりする看取りと葬儀 今まで以上に“お別れの時間”を大切に

2022年5月9日 15:00 週刊ポスト

“亡くなってからの時間”をどう過ごすかも重要に(イメージ)
“亡くなってからの時間”をどう過ごすかも重要に(イメージ)

 コロナ禍で葬儀のあり方が様変わりしている。セレモニーホールで親戚や友人を呼んで盛大に執り行なう葬儀に代わり、近親者だけの家族葬や通夜・告別式を行なわない直葬といった“小規模な葬儀”が一般化している。

 終活ソーシャルワーカーの吉川美津子氏は、「故人との別れを後悔しないものにするためには、葬儀の前の“お別れの時間”を今まで以上に大切にする必要がある」という。その理由は、看取りの状況がコロナ禍で変化してきているからだ。

「コロナ前であれば、病院も介護施設も日頃から自由に面会できるので、親の体調の些細な変化に気づきやすかった。また、看取りの段階になると、家族や親戚、友達がしょっちゅう訪問し『がんばってね』と声をかけてお見送りをすることができたんです」

 そうした常識はこの2年で様変わりした。コロナ禍を境に、施設に入所する母親との面会をオンラインに切り替えた60代男性はこう話す。

「画面越しに見る母は時折、咳き込んだりはするものの、食事も自分の口から食べていたし、元気そうに見えました。施設の職員からは1年以上前から、『緩やかに体調が悪化しています。心の準備をしておいてください』と言われていたのですが、まだまだ長生きするだろうと思っていた。

 そろそろ看取りのカンファレンス(会議)を、という連絡があった時は、『え、もうそんな段階なの? 信じられない』と半信半疑でした。カンファレンスが進み、2年ぶりに母と直接対面した時に、口をぱくぱくさせてる姿を見て『お腹が空いて何か食べたいのでは』と一瞬思いました。喘ぐように呼吸をしていたため、口が動いているのだと頭では分かっていたのに、現実を受け入れられなかったんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。