マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

コロナ禍で様変わりする看取りと葬儀 今まで以上に“お別れの時間”を大切に

2022年5月9日 15:00 週刊ポスト

現実を受け止められない

 前出・吉川氏が言う。

「コロナ前であれば、体調が緩やかに落ちていくプロセスを目の当たりにする機会があるため、『そろそろかな』と家族も心の準備ができました。しかし、オンライン通話などで画面越しに会話をしていると、『まだ元気そうだな』と思ってしまい、いざ病院や施設から『看取りの準備をしてください』と言われた際に、なかなか現実を受け止められない方が増えています」

 生前に十分にお別れの時間を持つのが難しくなってきたからこそ、“亡くなってからの時間”をどう過ごすかが重要になる。

「直葬や家族葬を選ぶこと自体に問題はないですが、流れが簡略化されたことで火葬場までの間に顔を見る時間もなかったとなると心残りになってしまう懸念があります。

 例えば、ご遺体が安置されているところで一晩は一緒に過ごすなど、なるべく家族の死と向き合う時間を持つようにしましょう」(吉川氏)

 法律により、少なくとも亡くなってから24時間は火葬してはならないと定められている。ごく親しい人間で、その時間をどう使うかが重要になる。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。