マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

規制緩和でどうなる? 電動キックボード“優良利用者”が感じた身の危険と嫌な思い

2022年5月9日 7:00 マネーポストWEB

都内に設置された電動キックボードのシェアリングサービス(時事通信フォト)
都内に設置された電動キックボードのシェアリングサービス(時事通信フォト)

 電動キックボードに関する新ルールが盛り込まれた改正道路交通法が4月19日、衆議院本会議で可決された。最高速度が時速20km以下などの一定の条件を満たす電動キックボードについては、「特定小型原動機付自転車」という新たな区分となり、16歳未満の運転は禁止されるが、16歳以上であれば免許無しで運転可能となる。また、ヘルメットの着用は任意となり、条件を満たせば時速6km以下で歩道の通行も可能となる。2024年5月までに施行される予定だ。

 規制緩和により、より手軽に利用できるようになることが期待されるが、その反面、利用へのハードルが低くなりそうなことから、心配の声も多数上がっている。

 現在の電動キックボードは、基本的には「原動機付自転車」と同じ位置づけとなり、運転には原付免許が必要で、車道のみが走行可能。また、一部のシェアリングサービスにおける電動キックボードは「小型特殊自動車」という区分で、車道と自転車専用道路などでの走行が可能で、運転するには普通免許などの登録が必要だ。

 今回の道交法改正が発表されると、ネット上では〈法規無視で車道を走り回る絵しか、想像出来ない〉、〈免許なくて乗れる?大きな事故が必ずある〉、〈なんで緩和するかな? 事故が続出するのは目に見えている〉などと、危険な運転や事故が増えるのではないかとの指摘が続出している。

 昨今は電動キックボードの危険運転が問題視されることが増えており、速い速度で歩道を走行したり、車道を逆走したりするなど、交通ルール無視の利用者がいるのも事実だ。都内の宅配ドライバー・Aさん(40代男性)はこう話す。

「都心では電動キックボードの利用者がどんどん増えている印象です。車道の一番左を走っていればそこまで気にならないのですが、中には片側2車線の道路の右側に入ってくる電動キックボードもいて、かなり怖い。3~4人の集団で走っている電動キックボードもいて、あれは本当にやめてほしいです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。