マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

過去20年で3.5倍の成長を見せる米国株投資の魅力

2016年10月21日 18:00

 そもそも米国企業は、商品やサービスの開発段階でグローバル市場を視野に入れた設計を行っているため、世界展開の際にも市場が広がりやすい。そのため、ひとつのヒット商品が生み出す収益は日本の企業とは比べ物にならない。

 もうひとつ、ベンチャー企業が育ちやすい土壌がある点も魅力。その代表がサンフランシスコ郊外にあるシリコンバレーだろう。同地域には世界的なIT企業が密集していると同時に、ハングリー精神旺盛な起業家が世界中から集まってくる。先行投資を惜しまないベンチャーキャピタルも多い。

「最近話題のフィンテック関連のベンチャー企業も続々と誕生しています」(同前)

 実際、いまだに米国企業の一人勝ち状態が続いている分野も少なくない。航空事業や映画産業、あるいはクレジットカード、外食もそうだ。外食で言えばマクドナルドやバーガーキングはいまだ健在だし、新たな人気店「シェイク シャック」なども誕生。日本にも1年ほど前に上陸している。

 新たな成長企業が誕生しやすい環境が整っているのも米国市場の魅力だが、既存企業のビジネスの新陳代謝も活発だ。不採算部門を売却して有望な分野に資産を集中させる傾向が顕著となっている。

 例えば、米国ヤフーがネット事業を売却したり、GEが金融部門を売却したりするなど、それまでの主力事業であったとしても、将来性がなければ手放すことを厭わない。株主の利益を第一に考えなければならないからだ。結果、日本と比べると株式の配当利回りも高くなる。

 このように投資対象として圧倒的な魅力を持つ米国市場だが、米国株に直接投資をしたことのない投資家にとっては、ハードルが高い気がするかもしれない。しかし、一部の証券会社では日本株と同じ感覚で売買をすることができる。

 そのうちのひとつ、マネックス証券では、国内最多の約3000銘柄を扱っている。手数料も「5ドルから」と業界最安水準だ。また「初回入金日から20日間の米国株取引手数料をキャッシュバック」するプログラム(※詳細はマネックス証券HPを参照)を実施するなど、米国株初心者の投資機会拡大もサポートしている。さらに、米国株は1株から取引できるから、“お試し投資”もしやすい。人気のアップル株にも1万円程度から投資可能だ。

 一方で米国株投資には注意しなければならない点もある。ひとつは為替リスクがあることだ。米国株はドルで売買するので、株を買う前に資金(日本円)をドルに交換しておく必要がある。同社では、口座に資金をプールしておくこともできるので、為替相場を見て円高のときに両替しておくこともできるわけだ。

 また、日本時間の夜に株式市場が開いているため、眠っている間に相場が大きく動く可能性もある。そんなときに大きな損失を抱えないために、取引を始める際には利益確定の注文や損切り注文も同時に発注しておくのが安心だろう。

 成長力の高い市場に投資をするのは、株式投資の基本的な考え方だ。そのうえで、米国市場は申し分ない可能性を秘めている。一方でその成長性から株価上昇が続けば割高水準になりやすく、買い時を逃してしまうこともあるだろう。過去20年の実績を顧みれば、どれだけ早く米国株投資を始められるかも、今後の成功のポイントになるかもしれない。

参考ページ:はじめての米国株

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。