マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

「唐津で1万人ロックフェスをしたい!」夢を実現させた消防士の熱意と行動力

2022年5月21日 16:00 マネーポストWEB

「Karatsu Seaside Camp 2022」実現に向けて動き続けた山口剛さんの思いとは?
「Karatsu Seaside Camp 2022」実現に向けて動き続けた山口剛さんの思いとは?

 5月28・29日に佐賀県唐津市で「Karatsu Seaside Camp 2022」(KSC)という音楽フェスとキャンプを組み合わせたイベントが開催される。奥田民生やPuffy、SHISHAMO、真心ブラザーズ、氣志團らが出演予定だ。このKSC開催の立役者となったのが、消防士ながら「唐津で1万人ロックフェスをしたい!」と訴え続けた、市職員の山口剛さん(37)。消防士から音楽フェス運営へ、異例のキャリアを歩む山口さんに、KSC開催が実現するまでの道のりを聞いた。

 * * *
 元々、消防士になる前からずっと「唐津で1万人のフェスをしたい!」という夢を持っていました。そして今回、KSCの開催を受けて、僕は市の消防本部から観光課に異動し、音楽フェスの実行に携わることになったのです。

 発端は、2018年11月に「旧唐津発電所跡地でロックフェスを毎月開催したらこの街はどうなるか」という研究報告書を、唐津の峰達郎市長に提出したことです。峰市長は就任1年目に、若手職員の自由闊達な意見を市政に反映させたいとの想いから、40歳以下の市役所職員で構成する「未来づくり研究会」を設立しました。この研究会の一つのテーマとして、ロックフェスについて提案をしたのです。

 その研究報告書では、1万人規模のフェスを毎月開催したらかなりの経済効果が見込める、といった内容を記しました。もちろん、僕は消防士で、経済の専門家ではありませんが、手探りながら必死で書き上げた報告書を市長に読んでもらいました。

 とはいっても、ただ経済効果を狙った企画ではなく、「大好きな唐津がずっと続くためには」という視点からの提案でした。その根底にあったのは、「これまでの人生経験の中で、音楽を嫌いな人に出会ったことがない。だから、音楽を通じて唐津という街が賑わうはずだ」との思いです。

 ただ、「市が主催するフェス」を実現させるために何が必要か、どうすればいいかを考えていくうえで、大きな3つの壁にぶち当たりました。

【1】市役所にフェス開催のノウハウがない。やったことがなく、やり方がわからない。
【2】チケットが売れ残った場合、赤字は税金で補填することになる。
【3】そもそも、エンタメ業界に知り合いがいない。パイプが皆無。

 自分が言い出しっぺとはいっても、これはなんとも絶望的な状況です。しかし、音楽で街が賑わう景色は僕の頭の中でイメージできていました。だからこそ、1万人ロックフェスをどうにか開催できる方法はないかと、日々考え続けました。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。