マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

円安で日本円の価値は目減り 他通貨に分散させる“経済学的に正しい投資方法”とは

2022年6月7日 19:00 女性セブン

円安時代の資産運用の正しいあり方とは(イメージ)
円安時代の資産運用の正しいあり方とは(イメージ)

 令和元年度の生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によれば、「ゆとりある老後生活」に必要な金額は夫婦ふたりで月36.1万円。仮にこれを65才から20~25年間続けようとすると、ざっと8000万~1億円が必要になる。もはや「老後2000万円問題」どころではない。

 もちろん、公的年金や退職金などである程度賄える部分もある。だが、肝心の公的年金の受給額は2年連続で引き下げられており、今後も目減りは避けられそうにない。加えて老後の医療費に介護費用と、さまざまな負担が家計に重くのしかかる。

 そして4月後半、約20年ぶりの1ドル=130円台と、記録的な円安となった。さらに、相次ぐインフレで物価は上がる一方……充分な備えがあれば不安はないが、いまから老後に備えるなら、円だけでなく、世界の通貨に目を向けた方が安心だ。個人投資家でファイナンシャルプランナーの藤川里絵さんが指摘する。

「円安とは、円の価値が下がるということ。日本円の、しかも現金だけで資産を持っていても、円安が進めば進むほど、その価値は実質的に目減りしていきます。いまこそ、日本円だけではなく、ほかの通貨にも分散した資産運用を考えるときでしょう」

 そもそも、資産運用の効率を上げるには、日本円以外の通貨にも目を向けた方がいい。『ほったらかし投資術』などの著者で経済評論家の山崎元さんが説明する。

「実は、世界の株式市場において、日本株は全体の6%未満。資産運用の3原則は“長期”“分散”“低コスト”。分散投資の視点からも、日本株だけ、外国株だけに限定するのではなく、全世界の株式に広く投資する方がいいのです」

 投資といえば「お金持ちがやるもの」「一瞬で大金を失う」などというイメージがあるが、曲解してはいけない。

 実際は、大きな元手が必要ない商品も多く、3原則を守って分単位で株価が変動するような取引をしなければ、投じたお金を一気に失うようなことにはなるはずもない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。