マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

マイホーム購入時の賢い選択 住宅ローンは変動か固定か、ボーナス払いの有無

2022年6月13日 16:00 女性セブン

住宅ローンの金利や支払い方法の選択は慎重に(イメージ)
住宅ローンの金利や支払い方法の選択は慎重に(イメージ)

 値上げラッシュが続いて、家計のために節約も必要となる昨今。“一生の買い物”である住宅についても、慎重な選択が求められる。「人生100年時代を考えると、適宜リフォームをして持ち家に住み続けるのがいちばん安上がり」とは、老後の住まいに詳しいファイナンシャルプランナーの岡本典子さん。

 マイホーム購入に際しては、様々な選択を迫られることになるが、どう選べばよいのだろうか。専門家にアドバイスをもらった。

住宅ローン、変動金利vs固定金利

【アドバイス】固定より約1%低い変動金利を選ぶべし

 住宅ローンにかかる金利は、一般的に固定の方が変動より約1%高いため、今後も変動の方がお得だという。節約アドバイザーの丸山晴美さんは、こう話す。

「過去の金利上昇幅を見てもほとんど上がっていません。金融機関によっては、見直し時に金利が大幅に上昇しても5年間は返済額が変わらない『5年ルール』、6年目以降に返済額が変わっても125%までは上がらない『125%ルール』を設けるところも。そう考えると、変動にしておいて、金利が上がってから借り換えを検討するのが得策です」

住宅ローン、金融機関ごとの固定金利と変動金利の一例
住宅ローン、金融機関ごとの固定金利と変動金利の一例

住宅ローン、ボーナス払いありvsボーナス払いなし

【アドバイス】ボーナス払いなしの方が若干お得

 毎月の返済額の負担が軽いのはボーナス払いありだが、ボーナス払いなしの方が総返済額は2万~3万円安くなる場合も。

「この先ボーナスが減額される可能性を考えると、ボーナス払いありにしない方が、急な家計の危機にも対応しやすいでしょう」(丸山さん)

住宅ローン、ボーナス返済の割合による返済額の比較
住宅ローン、ボーナス返済の割合による返済額の比較

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。