マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「孫のために1000万円超…」老親の経済支援を期待する子や孫と距離を置く方法

2022年6月12日 15:00 週刊ポスト

人生の総仕上げのために夫婦で「やめる」リスト【1】
人生の総仕上げのために夫婦で「やめる」リスト【1】

 さらに深刻なのが、Cさん(70歳)のケースだ。妻に先立たれ一人暮らしだが、電車で1時間のところに住む長女(40歳)が孫を連れて月に数回遊びに来てくれるという。問題は長男(35歳)だ。

「20歳の頃に家を飛び出して音信不通だった長男が、妻の葬儀に現われたんです。放蕩息子ともこれで関係修復できるかと期待した矢先、葬儀後に長男から『1000万円の借金の肩代わり』を懇願されてしまった。甘やかして育てた自分も悪いと思い、退職金と貯金を取り崩して助けてやったのですが、その後は再び音信不通に。こんな息子に私の遺産はビタ一文渡したくない」(Cさん)

 法定相続人である息子に遺産を残さない方法はあるのか。弁護士の塩田慶氏はこう言う。

「遺留分を含め遺産を一切相続させたくない場合は『相続人の廃除』の手段があります。これが認められた例として、息子が20年にわたりギャンブルなどで2000万円を散財し、返済を父に押し付けた事案がある。

 ただし、被相続人に対する“虐待”や“重大な侮辱”、相続人に“著しい非行”があると家裁が認める必要があり、ハードルは高い。長男から遺留分を請求される可能性はありますが、遺言で長男以外に遺産を配分したほうがベターでしょう」

※週刊ポスト2022年6月24日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。