マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「子供がお小遣いで買うので…」売り手を苛立たせるフリマアプリの値下げ交渉

2022年6月21日 15:00 マネーポストWEB

フリマアプリ「値下げ交渉」のリアルとは(イメージ)
フリマアプリ「値下げ交渉」のリアルとは(イメージ)

 自宅の不用品を手軽に売ることができ、安く手に入れることもできるフリマアプリ(フリマサイト)。だが、時にはスムーズに売買が成立しないこともある。トラブルとまではいかずとも、購入希望者との「値下げ交渉」に悩まされる人は少なくないようだ。いったい、どのようなやりとりが行われているのか、フリマアプリを利用する売り手に、実際にあった“困惑する値下げ交渉”の例を聞いた。

まとめ売りだから安くしてるのに…

 IT企業に勤める30代男性・Aさんは、不要になったPCやスマホなどのガジェット、ゲームをよくフリマアプリで売っていたが、値下げ交渉が面倒なので、もうやめたいという。

「PCやスマホを出品した時、『箱はいらないから値引きしてくれ』『液晶保護フィルムとケースは取っていいので安くして』など、数十円、数百円の値引きをしてくる人が結構いました。ゲームを何本かまとめ売りした時にも、バラ売り希望のうえに値下げ交渉してくる人がいましたね。セットで売っているからこそ安く設定しているのに……。こういう値下げ交渉の一連の流れが面倒で、リサイクルショップで売った方が楽だと思うようになりました」(Aさん)

 値下げ交渉は買い手が売り手にお願いする立場であるはずなのに、“上から目線”で来ることにイライラすることもあるようだ。

「『高すぎる』と言われたことがあります。だったら、私ではなく他の人から買えばいい話なのに……。出品したばかりなのに『○円なら即決します!』という要求もよくありますね。『ポイントで購入したいので、値下げしてください』には、『それはあなたの都合ですよね?』と言い返したくなる。うんざりです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。