マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

隣のマンションのベランダから部屋が丸見え… 悩ましい「住まいの眺望問題」

2022年6月23日 15:00 マネーポストWEB

おちおちカーテンも開けていられない(写真:イメージマート)
おちおちカーテンも開けていられない(写真:イメージマート)

 物件探しは、実際に内見してみないとわからないことも少なくない。駅からの距離や間取りは気に入っていても、窓を開けると、向かいのマンション・アパートのベランダや共用廊下から丸見えだったりして、がっかりするケースもあるだろう。

 住まいの眺望にそこまでのこだわりがあるわけではないが、最低限、プライバシーが守られる物件に住みたいという人は少なくないはず。近接する物件の眺望問題に苦しんでいる人たちに、その実情を聞いた。

眺望は気にしないけど、プライバシーが…

 メーカーに勤務する30代男性・Aさんは家賃の安さにひかれて、ベランダの向かいがマンションの共用廊下という物件に住んでいる。

「築年数が古くないのに、相場より安い物件を発見。内見してみると、お風呂もキッチンスペースも広くて最高でした。こんなに良い物件がどうして空室なんだろうと思っていたら、向かいのマンションの共用外廊下からこちらのベランダが丸見えで、めちゃくちゃ納得しました(笑)」(Aさん)

 Aさんはそれまで積極的にマンションの1階に住んでいたほどで、そもそも眺望に魅力を感じていないタイプだったが、実際に住んでみると「その認識は甘かった」という。

「マンションの1階は、確かに眺望もなにもありませんが、でもその分、しっかりとした柵があり、通行人からのプライバシーは守られていました。一方、建物が別だと、そういった配慮がないというか……。共用廊下の前なので、僕が部屋のカーテンを開けると、目の前に住人や配達員がいることもしばしば。向こうからもこっちからも丸見えで、見ようとしているわけでもないのに、『向かいの住人は最近フードデリバリーをよく使うなー』とか、いらない情報を知ってしまいます」(Aさん)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。