マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

パリ協定発効 走り出した「IoT省エネ時代」の新技術

2016年10月23日 13:00

 そして2030年の導入見込量は2014年度比で、太陽光が2.7倍、風力が3.4倍、バイオマスが2.9倍、水力が1.3倍とされている(資源エネルギー庁「我が国のエネルギー計画」)。

IoTを活用したスマートグリッドの効果

 再生可能エネルギーの導入拡大のためには、発電設備に加え、それを管理・制御する技術が不可欠だ。太陽光や風力などの再生可能エネルギーは、日照や風量の変動を含めて性質上供給が安定しにくく、常に火力発電などの「調整電力」を必要としている。今後、太陽光発電事業者や風力発電事業者が増加し、加えて一般家庭においても太陽電池やエネファーム(燃料電池)による発電や売電も増加傾向にあるため、電力の需給予測は複雑化していくと予想できる。

 こうした環境下で電力の安定供給と省エネを実現するためには、需要側と供給側の情報がリアルタイムで行き交い、供給と消費を適切にコントロールするシステムが必要となる。それがIoT(モノのインターネット)を活用したスマートグリッド(次世代送電網)だ。

 例えばスマートメーター(情報通信機能を持った高機能メーター)や、電力を「見える化」して家庭内の電気機器をネットワーク化してエネルギーを節約するための管理システムHEMS(Home Energy Management System)、エネルギーの供給状況に応じて消費量を変化させることで需給バランスを一致させる「デマンドレスポンス」が挙げられる。

 電化機器はネットワークで繋がり、それがスマートメーターと繋がりスマートメーターは電力の供給側と繋がる。全てがネットワークで繋がり、「デマンドレスポンス」が活用されて省エネが実現されるということになる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。