マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

2022年上半期に売れたもの 1位「オートミール」はコロナ前と比べて13.5倍に

2022年7月21日 19:00 女性セブン

オートミールは急速に売り上げを伸ばしている
オートミールは急速に売り上げを伸ばしている

 新型コロナウイルスの感染拡大から3度目の夏を迎え、熱中症予防のために「体調に応じて、屋外で人と充分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすように」と厚生労働省が呼びかけるなど、さらなる「新生活様式」に移行している。

 社会経済活動が正常化に向かいつつあるものの、物価高の影響が色濃い中、「2022年、上半期売れたものランキング」が、市場調査会社・インテージより発表された。これは、全国約6000店舗のスーパー・コンビニエンスストア・ホームセンター・ドラッグストアなどから収集した小売店販売データ(2022年1~5月分)を集計し、2021年の同期と比較したもので、消費行動の変化がわかりやすくなっている。

 その1位は、前年比245%の「オートミール」だった。同社の市場アナリスト・木地利光さんは、次のように分析する。

「オートミールはこの3年で注目されるようになった商品で、ここまで急速に売り上げが伸びるのは極めて異例です。コロナ禍前の2019年と比べると、販売金額は1348%にまで達しています。市場規模では2017年の約5億円が、2021年には約54億円ですから、すさまじい成長と言えるでしょう。手軽な朝食としてコーンフレークなどのシリアルがありますが、昨年11月には販売金額でオートミールがコーンフレークを逆転しています」(木地さん・以下同)

オートミール市場規模の推移
オートミール市場規模の推移

 低カロリーで食物繊維が豊富なことから、健康・ダイエット・美容食品として注目を集め、コロナ禍の2020年に、まずはダイエット食としてインターネットを中心に10~20代の若い世代に広がり、昨年は40~50代の主婦層にまで広がっていった。シリアルが主に朝食で食べられるのに対し、オートミールの場合は、水につけてレンジ加熱することで、米のように使う「米化」ができる。さまざまな料理にアレンジして昼食や夕食、おやつとしても食べられていることがヒットの要因だ。

「さまざまな商品の値上げが続く中、大手メーカーの参入によってここ数年で価格が安くなり、割とリーズナブルに手に入ることも、売り上げを伸ばした理由だと思います」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。