トレンド

人気沸騰のオートミール、「挑戦したけど長続きしなかった」人たちの事情

オートミールブームに乗ってみたはいいものの…(イメージ)

オートミールブームに乗ってみたはいいものの…(イメージ)

 ビタミンやミネラルが豊富な「オートミール」が人気だ。インテージが調査した「2021年、売れたものランキング」によると、2021年1~10月のオートミールの推定販売金額は前年比291%となり、数ある日用消費財の中で伸び率1位を記録。日本の食卓でオートミールの存在感が増していることがうかがえるが、その波に乗り遅れまいと挑戦したにもかかわらず、早くも挫折してしまった人たちもいるようだ。当事者たちに体験談を聞いてみた。

「やっぱりお米の方がいい」

 メーカーに勤務する30代男性・Aさんは、コロナ禍で体重が増加。ダイエット方法を模索する中、オートミールに出会った。

「ネットでよく見かけるようになったオートミールに注目しました。お米のような感覚で食べられるし、お米よりカロリーや糖質が控えめという点も魅力的。何よりコスパが良さそうと思ったのも決め手でした。安いオートミールだと500gで160円前後、1人前30gくらいなので1食16円。栄養面も価格もばっちり、これはオートミールを導入するしかないと思いました」(Aさん)

 AさんはネットやYouTubeを参考にしてアレンジ料理にも挑戦したという。

「個人的にお茶漬け風のアレンジが一番好きでした。顆粒のだしをベースに、塩昆布やネギを加えて食べるとおいしかった。ドロドロにしないで、お米に見立てて具材を入れておにぎりにしたこともありました。こちらも良かったです」(Aさん)

 一見、順調に見えたAさんのオートミール生活だが、長く続くことはなった。その要因として、「食べ応えがなかったこと」が大きかったという。

「食べ応えがイマイチなのが欠点でした。その分量を食べてしまうので、結局はかなりのカロリーを摂取してしまう。しかも私の場合、多めに食べるとお腹をくだしがちになるうえに、おならも頻繁に出る羽目に……。そんな中、ある時我慢していたお寿司を食べたら、米のおいしさに感動して、もうオートミールに戻れませんでした(苦笑)」(Aさん)

周囲の“オートミール信仰”に「疲れた」

 職場の同僚やSNSで勧められたが、長続きしなかった人もいる。IT企業で働く20代女性・Bさんは、オートミールそのものはそれなりに好きだったという。

「アレンジ料理は結構頑張っていました。アーモンドミルクに一晩ひたし、フルーツをトッピングしたオーバーナイトオーツ。小麦粉なしのお好み焼き、お米を使わないきのこリゾット、オートミールにおからパウダーとベーキングパウダーなどで作った蒸しパン。味はおいしいものもあれば、あまりおいしくないものもある感じ。当たりハズレが大きく、飽きがくるのも早くなりがちでした」(Bさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。