ライフ

やりすぎに注意?「牛乳消費を応援」が招いた家庭内トラブルの数々

牛乳消費に熱心すぎるのも考えもの?

牛乳消費に熱心すぎるのも考えもの?

 コロナ禍で牛乳や乳製品の消費が落ち込み、生乳の大量廃棄が懸念されている。岸田文雄・首相も「大量廃棄を防ぐため、年末年始に牛乳をいつもより一杯多く飲み、料理に乳製品を活用するなど、国民の協力をお願いする」と述べたばかり。

 そうした中で、牛乳消費を応援すべく、いつもより積極的に購入したり、飲む人も増え始めているようだ。SNSでも牛乳の消費に積極的な投稿が多く見られ、国民が協力的な姿勢を示していることがうかがえる。だが、中には頑張りすぎてしまったことで、思わぬトラブルに見舞われた人もいるようだ。

妻が張り切り過ぎて「牛乳メニュー」だらけ

「牛乳消費は良いことだと思うんですけど、俄然妻が牛乳を活用した料理やデザート、飲み物に凝るようになって、毎日牛乳づくしのメニュー。正直ややつらいです(笑)」(Aさん)

 そう嘆くのは、メーカーに勤務する40代男性・Aさんだ。ここ最近、牛乳の消費を応援するため、SNSで各メーカーや店などが牛乳を使ったレシピを発信しているが、Aさんの妻はそれをこまめに見て、新メニューの開発に張り切っているというのだ。

「朝はパングラタン、昼は牛乳を使ったうどん、おやつはプリンと牛乳もち、夜はシチューとリゾット……というように“牛乳三昧”の日々です。風呂上がりには、牛乳コップ1杯以上のノルマが課せられました。在宅勤務中なので家の食事から逃げられません。水を牛乳に替えることにも熱心で、例えば、お好み焼きを作る時に生地に入れる水を牛乳にしたり、豚骨ラーメンもお湯ではなく牛乳というような感じです。もちろん美味しいといえば美味しいのですが、さすがにこうも牛乳ばかりだと飽き始めています」(Aさん)

 黙っていられなくなったAさん。一食くらいは牛乳を使わない料理を食べたくなり、妻にお願いするも「しばらくは我慢」と言われたため、妻の留守中に好物のカレーライスを無断で作ったことがあった。

「さすがに牛乳なしの食べ物が食べたくなって、自分で作りました。でも食べている最中に妻が帰ってきて、『少しの間なのに我慢できないの?』と悲しげに言われてしまいました……。牛乳メニューはいいけど、家族に負担なく取り入れてほしい」(Aさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。