マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

「幕僚長の年収を知って愕然」元自衛官が一念発起、30歳で資産4億円を築いた不動産投資術

2022年7月24日 19:00 マネーポストWEB

海上自衛隊では(写真はイメージ)
約25万人の自衛官のうち4人しかなれない地位にある幕僚長の年収は(イメージ)

 元海上自衛官・倉津貞志さん(32歳)が、7月21日に『手取り14万円からの生活防衛FIRE』(飛鳥新社)を上梓し、話題になっている。元自衛官がいかにして資産4億円(不動産含む)を達成することができたのか。インタビュー前編では過酷な防衛大学校の生活や自衛隊員の金銭事情について聞いたが、今回は毎月の節約で貯めたお金を元手に資産を増やしていった投資の手法や、退職後の生活について話を聞いた。【前後編の後編。前編から読む

──そもそもお金のことを勉強しようと思ったきっかけはなんですか?

倉津:2010年ごろでしょうか。防衛大学校の2年生のとき、自衛隊現役幹部の話を聞く集会がありました。そこである幕僚長が言った言葉が僕の人生を変えるきっかけになりました。幕僚長は私たち学生に向かって開口一番「自衛官は、お金持ちになれません」と。幕僚長といえば、自衛官のなかでも頂点に位置する役職です。その上の統合幕僚長を合わせても、約24万7000人いる自衛官のなかでも4人しかなれない地位。聞くと、その幕僚長の年収が「(当時)約1900万円」。十分すごいじゃないかと思う人も多いでしょうが、厳しい任務や訓練に耐え、壮絶な出世競争を勝ち抜いた結果がその数字だと思うと、お金の「現実」「限界」を突きつけられた気持ちになりました。

 海上自衛官になれば、一年の半分は海の上で、平均睡眠時間は4時間という生活。心身を壊さず無事に定年までいられる保証もありませんし、そもそも定年も早いんです。自衛官の多くは50代半ばで退職をします。

 そこで、「なんとかして自分で蓄えを作らないといけない」「お金と生活を守る方法を考えよう」と思ったのです。

──具体的にどのような投資を行なってきたのでしょうか。

倉津:防衛大学校のころから勉強を続けた知識を使って、自衛官になって株やFXなどの投資を始めました。お小遣い程度の入金額でしたが、ほとんど利益は出すことはできませんでした。大きく勝つには、経済や企業情報などの専門知識が必要であり、取引のための時間や手間もかかりますからね。仕事の拘束時間の長い自分には合わない投資法だと判断しました。そんななか出会ったのが、不動産投資です。

──不動産投資を選んだ理由は?

 倉津:一定以上の知識を身につければ、成功の再現性が高いと感じたからです。一度物件を購入してしまえば、株やFXのように値動きに細かく気を配る必要もなく、毎月家賃が入ってきます。投資計画や見通しを立てやすいですし、これなら自衛官としても行える投資だと思いました。公務員の副業は禁止ですが「家業の手伝い・講演や執筆活動・(不動産投資を含む)投資」はOK。資産形成にはもってこいだと感じました。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。